角を育てる


みなさまこんにちは!

梅雨が明けたのに雨模様が続いております。
少し肌寒いので体調管理には
気を付けていきましょう!

さてさて、

意外と知らない?

「これもケアした方がいいの?」編。
第一弾!!
(今のところ第一弾しかありません…笑)

【アビィシューホーンを手入れする】

f0374162_10263712.jpg

アビィシューホーンは”天然の水牛の角”
を使用した、一本一本色柄の違う昔ながらの
シューホーン(靴ベラ)です。

この”天然”という部分がキーワードですが、
天然の角も乾燥すると艶がなくなりかさついてしまいます。
かさついた状態で使っていると、先端がささくれの様に
裂けてしまうことがあるので、定期的にお手入れをしてあげましょう。

f0374162_10270554.jpg

使用するクリームは
M.モゥブレィ クリームエッセンシャル
(本体価格¥1800+税)

ポリッシングコットンに大豆一粒ほどとり
全体に塗り広げていきます。

f0374162_10271872.jpg

f0374162_10265216.jpg


塗った後はブラッシングは必要ないので
簡単に乾拭きしてあげます。

天然素材は手間がかかりますが
手間をかけただけ応えてくれるので
自分だけの”エイジング”を楽しみましょう!!


ノッポでした!!!

【予告】
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを20%オフにて承ります。
f0374162_11214352.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




# by tamagawa0917 | 2017-08-16 10:49 | 靴ベラ シューホーン

見えにくい部分も綺麗に

みなさまこんにちは。本日2回目のチノパンマンです。

先ほどお伝えした中底のカビ対策。要注意の先端部分というのは、おおよそこの辺り。
f0374162_16595184.jpg
中は上手く写真に収めることができないので、外からの画像です。
靴の内部、捨て寸と呼ばれる指が乗っていない部分はホコリなどの汚れがたまりやすいです。



モールドクリーナーを普通に吹き付けても届かないので、私は折り畳んだティッシュを使っています。
f0374162_17000510.jpg



モールドクリーナーを2,3プッシュ染み込ませて、靴内部の先端を拭きます。
f0374162_17001783.jpg
手が届かないときは、割り箸にテッシュを巻き付けたものを使用すると良いです。

見えにくい部分であるからこそ、まめに拭いて綺麗にしておくことをお勧めします。



【予告】
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを20%オフにて承ります。
f0374162_11214352.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





# by tamagawa0917 | 2017-08-15 18:04 | 雑記

みなさまこんにちは。火曜日のチノパンマンです。

私が見た予報通りですと、来週の月曜日まで太陽は顔を出さなそう。
気温はそこまで上がらないものの、湿度が高い日が続くようです。


多湿な環境で革靴を履く以上、避けて通れないカビの問題。
カビが発生しやすい部分はだいたい決まっておりまして、一番注意していただきたいのは中底です。
f0374162_10152877.jpg
特に先端部分は要注意です。



次はコバ周り。
f0374162_10153673.jpg
上記2か所はゴム底の靴であっても要注意です。



最後は本底。
f0374162_10154301.jpg
濡れた路面を歩いたまま、玄関にそのまま放置するとカビが出やすいです。
地面から離れた少し高い所で風通しをよくしておけば、カビはだいぶ出にくくなります。



さらにカビ発生のリスクを抑えるには、それぞれの部分にモールドクリーナーを吹き付けてください。
f0374162_10151650.jpg
市販のアルコール類で拭くよりも効果が高いので、こんな天候続きのときには是非ご活用ください。



【予告】
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを20%オフにて承ります。
f0374162_11214352.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





# by tamagawa0917 | 2017-08-15 11:08 | 雑記

みなさまこんにちは。月曜日のチノパンマンです。

梅雨が明けてからの方が、梅雨らしい気がしてしまいます。
「何を履いていこうか?」と足元に迷う日が続いている方も多いのではないでしょうか。

ちょっと雨に降られそうだなと思ったとき、防水スプレーを活用するのも一つの手です。
f0374162_10181023.jpg
できれば前の日に履く靴を決めて、そのタイミングで防水スプレーを吹き付けておくと良いです。
慌ただしい朝に防水スプレーをかけて、乾燥させて…というのは中々難しいと思いますので。

大雨の中を歩くようでなければ、防水スプレーを使用しておいた靴はやはり安心感があります。


とはいえ革靴は濡れたらどうしようもないわけではございません。
雨に濡れた際には、しかるべき処置を早めに行ってあげればOKといったケースが多いです。
この記事は多少の参考になるかと思います。


週間予報では傘のマークが並んでおります。
防水スプレーで予防をしつつ、濡れた後の対処法も覚えておいていただければ安心です。



【予告】
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを20%オフにて承ります。
f0374162_11214352.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





# by tamagawa0917 | 2017-08-14 11:12 | 雑記

油性ワックスの使い方

みなさまこんにちは。日曜日のチノパンマンです。


みなさまは油性のワックス、普段使っていますでしょうか?
f0374162_11084497.jpg



油性のワックスというと、このようなハイシャイン(鏡面仕上げ、鏡面磨き)をイメージされる方が多いと思います。
f0374162_11085938.jpg
ワックスと布、水を用意して根気よく磨いてあげれば、顔が映り込むほど光らせることも可能です。
ここまで光らせると非常に気持ち良いのですが、時間もかかりますし、この光沢を維持するのは中々大変…



そこで油性ワックスのもう一つの使い方をご紹介します。
用意するのはワックスと馬毛のブラシ。
f0374162_11090952.jpg
全体のお手入れが完了した後、ワックスを薄く塗って馬毛のブラシを優しくかける。これだけです。
乳化性のクリームだけで仕上げるより光沢が出ますし、ワックスの成分によって水を弾きやすくなります。

詳しい方法は大阪工房ブログのこちらの記事が参考になります。

この作業を行う際、私が考えるポイントは馬毛のブラシで仕上げることです。
f0374162_11091848.jpg
馬の毛は豚毛や化繊に比べて柔らかいため、ワックスを靴の表面に良い塩梅で残しながら仕上げることが可能です。
乳化性のクリームを馴染ませるときには豚毛のコシの強さが活きますが、こちらの作業では馬毛の柔らかさが活きます。

大阪工房ブログのタイトルの通り、ひとつ上の輝きが欲しいときは是非お試しください。



【予告】
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを20%オフにて承ります。
f0374162_11214352.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







# by tamagawa0917 | 2017-08-13 11:25 | 雑記