人気ブログランキング |

カテゴリ:雑記( 359 )

2020年

みなさまこんばんは。玉川店の寺田です。
2020年のご挨拶が遅くなってしまい、申し訳ございません。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

年始も沢山のシューケア、クリーニングのご依頼をいただきありがとうございました。
2020年_f0374162_19162682.jpg
昨年の秋頃から、店頭で使えるブラシやクリームの種類も増え、靴の質感やコンディションに応じた作業がさらに行いやすい環境になりました。それぞれのアイテムの使い方を掘り下げ、2020年はよりパワーアップした仕上がりを目指します。
どんなご要望にもお応えできる…とまではいきませんが、ご希望や疑問があればどんどんぶつけていただければと思います。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2020-01-09 19:44 | 雑記

心掴む一足

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
先週の日曜日、ハライチの岩井さんがJ-WAVEの番組(UR LIFESTYLE COLLEGE)にゲスト出演したことを思い出し、radikoのタイムフリーで過去の放送を聴きました。FMの雰囲気の中でも岩井さんらしさを感じることができて良かったです。岩井さんの実家にある「ブレッドと書かれた木箱」の件、最高でした。




デジタルカメラとフィルムカメラを行ったり来たり。スニーカーと革靴を行ったり来たり。そんなことを書いた以前のブログ。


そのときの気分も影響してくるのですが、今はフィルムカメラにだいぶ気持ちが傾いています。
心掴む一足_f0374162_11513384.jpg
デジカメのキリっとした画も良いけれど、



心掴む一足_f0374162_11514231.jpg
フィルムのザラっとしているのに、なぜか透明感がある画に心を掴まれています。



心掴む一足_f0374162_11515383.jpg
靴はというと、やはり革靴に心をだいぶ掴まれたまま。意識しないとスニーカーを履かないくらいですので。
今履いている革靴たちはシンプルに歩きやすく、休日であってもついつい履いてしまいます。丸一日履いて、帰りに一駅分歩いたとしてもストレスが無いほど快適なのです。革靴を好きになってから少々時間はかかりましたが、そんな革靴に出会うことができて幸せです。
スニーカーもそこまで心掴む一足に出会えれば…。そのためには色々と履いて試してみないといけませんね。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-12-16 12:12 | 雑記

貴重な光

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
今日はいつも通り、オードリーのオールナイトニッポンのオープニングトークを聴いてから出勤しました。若林さん、最近はバットを短く持つかのごときトークでテレビ番組収録を乗り切っているそうです。


昨日、気持ち良い日差しのなか、武道館から半蔵門までを散策しながら写真を撮ってきました。(今回はデジカメに昔のレンズをセットしての撮影です)
貴重な光_f0374162_17304423.jpg
冬の午前中、木々の間から差し込む光は本当に綺麗です。色々なものがキラキラと輝いて見えます。
日照時間が短い時期の貴重な光。写真撮影に限らず有効に使いたいものです。
昼食までの時間、庭やベランダに革靴を何足も広げてメンテナンスしてみるのも良さそうですね。太陽光の下ですと、靴磨きの作業も捗ると思いますので。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-12-15 17:45 | 雑記

ワクワクポイント

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
今週のTOKYO FMは、オンエア曲リストを見ているだけでワクワクします。松任谷由実と山下達郎の楽曲が並んだ今日のリストを見て、気持ちが高まる方は多いのではないでしょうか。


何年も革靴を磨いてきましたが、いつになっても気持ちが高まる瞬間があります。
ワクワクポイント_f0374162_17013988.jpg
クリームを塗った後、ブラシをかけているときです。
ブラシをかけると革に光沢が出てきます。光沢の出方は、革や使うクリームによって異なります。それが分かるこの瞬間に非常にワクワクするのです。
10年近く革靴を磨き続けても、このワクワクがあまり色褪せていないのは自分では結構驚いています。飽きっぽい性分なもので…。

他のスタッフはどうなんでしょう?私と同じポイントでワクワクしているのでしょうか?
個性的なメンバーが揃っていますので、 それぞれに独自のポイントを持っていそうです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-12-11 19:09 | 雑記

どちらであっても必ず

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
今日のTOKYO FMは朝から晩までずっと聴いていたい番組プログラムです。BLUE OCEAN~LOVE CONNECTIONはぶち抜き紅白歌合戦ですし、高橋みなみの「これから、何する?」は福山雅治、THE TRADではスピッツの楽曲特集ですし、Skyrocket Companyのゲストは剛力彩芽さんで、ホメラニアンのゲストはやしろ本部長で…なんとも素晴らしい一日。




こちらは昨日のブログ。革靴とスニーカーの間をもっと行ったり来たりしてみたいというお話でした。

革靴とスニーカー。素材、機能、構造などに違いはあれど、足を守り歩行を補助する点は共通です。
紐で締めるタイプの靴であれば、どちらであっても必ず行っていただきたいことがあります。
どちらであっても必ず_f0374162_17271286.jpg
靴を履くときは、靴紐をきっちり締めます。


どちらであっても必ず_f0374162_17272375.jpg
靴紐を締める際にはカカト周りに隙間ができないよう、注意してください。(つま先を少し上げた状態で靴紐を締めていくと、自然とカカトに隙間ができなくなります)

これは紐で締めるタイプの靴において、機能を十分に発揮するために必要なことです。形状やサイズが合っている靴でも、紐が緩み切った状態では歩きやすい(動きやすい)とはいきません。
脱ぎ履きが楽だからと緩めに締めていた靴紐を、きっちり締めたら快適に歩けるようになった。そのくらいの違いを感じていただけるはずです。

ご自身の足元はいかがでしょうか?きっちり紐を締めた状態になっていますか?



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-12-10 17:44 | 雑記

行ったり来たり

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
今日から首都圏のラジオはスペシャルウィーク(聴取率調査週間)です。TOKYO FM Skyrocket Companyはゲスト出演者が凄いことになっています。気になる方は番組HPやTwitterアカウントをのぞいてみてください。


行ったり来たり_f0374162_14341320.jpg
カメラや写真の話ばかりしていますが、毎日靴のことは必ず考えながら手を動かしています。
最近よく頭にあるのは革靴とスニーカーのこと。革靴9割、スニーカー1割の履き方、生活をしている自分に見えていないことは何かなと考えています。
「スニーカーは革靴より単価が低いから、数を揃えて楽しめるよな…」「鮮やかな色使い、軽快さは革靴には真似できない部分があるよな…」このくらいしか浮かんでこないようでは想像力が足りませんね。まずはもっとスニーカーを履いてみなければ見えてこないことがありそうです。



行ったり来たり_f0374162_14340041.jpg
実はこの数か月、フィルムカメラとデジタルカメラを行ったり来たりする中で色々な発見がありまして、革靴とスニーカーでもそんな発見があればと期待しています。スニーカーをよく履いていた時期は過去にありましたが、それは10年以上前の話。少し離れてしまっていたスニーカーとの距離を縮めるためにも、革靴とスニーカーを行ったり来たりしてみたいと思います。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-12-09 15:20 | 雑記

褒める、褒められる

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
先日、TOKYO FM平日夜の帯番組「ホメラニアン」が12月で終了することが発表されました。TOKYO FMでは生放送でバトンタッチする番組のパーソナリティ同士がクロストークをすることがあり、Skyrocket Companyとホメラニアンのクロストークがとても好きでした。正直、Skyrocket Companyの後はTOKYO FMから周波数を変えてしまっていましたが、やしろ本部長も愛するこの番組。私も12月一杯の放送はできるだけ聴いていきたいです。

ちなみに、このホメラニアンの番組テーマは”褒めていこう!”です。
いくつになっても褒められるのは嬉しいですし、いくつになっても上手に褒めるのは難しい。とても良い番組テーマだと思います。




ただ好きで楽しくて撮っている写真ではありますが、こうして褒めてもらえるのは嬉しいです。


褒める、褒められる_f0374162_16050965.jpg
(背景でボケているけれど、こんなキラキラした黄色はいかが?)



褒める、褒められる_f0374162_16052258.jpg
先週の土曜日には、訪れた雑貨店のスタッフさんに「綺麗な靴ですね」と足元を褒めてもらいました。靴そのものというより、綺麗に磨いて履いている点を褒めてもらえたことが嬉しかったです。

振り返ってみると褒めてもらってばかりで、私からの”褒め”はまだまだ足りていません。日常の気付きを自然に”褒め”につなげられるようになりたいものです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-12-05 16:45 | 雑記

黒く仕上げる

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
昨日のTOKYO FM Skyrocket Companyのハイライトは番組中盤。やしろ本部長から俳優・中井貴一さんへの愛が溢れてしまうシーンでした。


昨日、雨が上がった瞬間を狙ってカメラを持って外に出ました。
黒く仕上げる_f0374162_17135330.jpg
既に冬の寒さではありましたが、街並みの秋を黄色く切り取りました。



黒く仕上げる_f0374162_17140580.jpg
そしてこちらは先日磨いた黒の革靴。黒の革靴を黒く仕上げました。
「黒の革靴を黒く仕上げる」
当たり前のことなのですが、”綺麗に、均一に”黒く仕上げようと思うと意外と手間がかかるケースもあります。

黒のクリームを塗ってブラシをかけた状態の靴。一見綺麗に仕上がっているように見えても、様々な角度から光を当ててみると黒さにムラが出ていることがあります。シンプルにクリームの塗り方がムラの原因であることもあれば、革の性質やコンディションが原因であることも。
クリームの塗り方にムラがあるようであれば、クリームが足りていない部分に付け足してブラシをかけます。
革の性質やコンディションによるものであれば、一度ステインリムーバーをかけて下処理からやり直します。使うクリームを変える、もしくはクリームの塗り方を変えると、綺麗に均一に仕上がることが多いです。

パッと見では気付きにくい黒のムラ。もしご自身の靴で黒のムラが気になったときは、ぜひ店頭で我々R&Dスタッフにご相談ください。ムラなく綺麗に仕上げる方法を一緒に考えてお伝えしますので。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-11-27 17:44 | 雑記

乗りたい電車

みなさまこんばんは。玉川店の寺田です。
本日のTOKYO FM Skyrocket Companyは19時代のやしろ本部長と浜崎秘書の茶番が最高でした。



先日、約一年ぶりに訪れた江ノ島。冷たい空気の中、太陽と海の輝きを感じるのは最高です。

江ノ島に足を運んだとき、楽しみが一つあります。
乗りたい電車_f0374162_21472414.jpg

乗りたい電車_f0374162_21473057.jpg
それは江ノ電に乗ること。江ノ島からは小田急線一本で帰宅できるところ、少し回り道をして江ノ島〜藤沢間は江ノ電を使います。この区間ですと江ノ電の醍醐味はそれほど感じられないかもしれませんが、それでも乗りたくなるのです。あの小さな車両、線路と周囲の街並みとの距離感。いつも使っている電車では味わえないものが江ノ電にはあります。

鎌倉観光のためだけに使うにはもったい無い路線だと思います。藤沢、鎌倉周辺を訪れた際にはぜひ乗ってみてはいかがでしょうか。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-11-25 22:06 | 雑記

秋は江ノ島へ

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
昨日のTOKYO FM Skyrocket Companyは、珍しくリスナーと電話を繋ぐ場面がありました。8歳のリスナーとやしろ本部長、浜崎秘書のやり取りに楽しませてもらいました。


晴天が続いているここがチャンスと思い、先日江ノ島に行ってきました。秋から冬にさしかかるこの時期に江ノ島に行くことが、この2~3年私の恒例行事になっています。
確実に良い結果を出してくれるカメラとレンズの組み合わせ「オリンパスのフィルムカメラOM4×90mmマクロレンズ」に加え、新しく試したいカメラを鞄に詰めて、いざ江ノ島へ。
秋は江ノ島へ_f0374162_18352674.jpg
まずは昨年なぜか上手く撮れなかった江の島シーキャンドル(展望灯台)を撮影。今年は上手くいきました。



秋は江ノ島へ_f0374162_18353588.jpg
砂浜に転がっていたタイヤ。
今年のベストショットです。砂浜と海のキラキラ感が、ほどほどにボケた背景の中に上手く収まったなと自画自賛しています。

フィルムカメラを使うようになってから、江ノ島での滞在時間が数倍楽しくなりました。来年は年2回くらいにペースを上げて江ノ島に足を運べればと思います。11月はほぼ確定としてもう1回はいつ頃が良いでしょうか?おススメの時期があれば、ぜひ教えていただきたいです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




by tamagawa0917 | 2019-11-20 18:53 | 雑記