カテゴリ:ブラシ( 26 )

みなさまこんばんは。シューケアマイスター靴磨き工房玉川タカシマヤ店の寺田です。
本日のTOKYO FM Skyrocket Companyは2時間の短縮放送です。以前はこれが通常でしたが3時間に慣れてしまうと非常に短く感じてしまいます。


さて、今回はブラシのお話を。
汚れ落としは馬毛のブラシ。クリームを塗った直後は豚毛か化繊のブラシ。いつもご紹介しているブラシ選びのセオリーです。とはいえ豚毛ブラシで汚れを落とすこともできますし、馬毛ブラシでクリームを馴染ませることもできます。
f0374162_19333411.jpg
しかしこの部分の汚れを綺麗に落とそうとすると、やはり馬毛のブラシでないといけないなと感じます。


f0374162_19335396.jpg
アッパー(靴本体)とソール(底材)の間。ウェルトや押縁と呼ばれるパーツに汚れが溜まっています。



f0374162_23045075.jpg
馬毛のブラシは毛の間隔が詰まって(密度が高い)おり、かつ適度な柔らかさがあります。それゆえ上記のような隙間にも毛がしっかり入り込んで汚れを払ってくれます。(毛が柔らかすぎると汚れ落としとして使いにくいです)


f0374162_23050117.jpg
いかがでしょうか。短時間のブラッシングでかなり綺麗になりました。

いつもお伝えしている通り、最初からあれもこれもと道具を揃える必要はないと思います。「使い分けが分からなくなった」「使い分けが面倒」そんな理由で革靴を触らなくなっては本末転倒です。
シューケア、靴磨きに慣れてきた時には適材適所の道具を揃えてみてください。作業の効率は確実に良くなりますので。



店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2018-12-25 19:05 | ブラシ

たてがみブラシを使う

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房玉川タカシマヤ店の寺田です。
昨日のTOKYO FM SKyrocket Companyの2曲目は氣志團のOne Night Carnival。何かの流れを汲んでの選曲かと勘ぐって放送を聴きましたがごく普通のオンエアでした。オンエアリストからおもしろ展開を勝手に予想、期待してしまうのはいけませんね。


さて、各店でせっせと育てているサノハタブラシたてがみ。
f0374162_16471414.jpg

f0374162_16474458.jpg
玉川は主に私とフジモト氏の二人でしか使わないため、慌てずじっくり育てていこうと思っています。



f0374162_16580989.jpg
豚毛や馬毛のサノハタブラシに比べ、たてがみはブラシの全長が短いです。



f0374162_16585824.jpg
正直この全長で大丈夫だろうかと心配もしていましたが、このように持ってクルクルと円を描くように使うには丁度良い長さと大きさでした。実際に使ってみて気付くことは多々ありますね。
店頭にあるこちらのサンプルブラシ、ぜひ手に持って使ってみてください。



店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2018-10-30 17:08 | ブラシ

ペネトレイトブラシ

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房玉川タカシマヤ店の寺田です。
今週11月1日(木)のTOKYO FMは13時~19時52分まで東京タワーからの公開生放送です。もちろんSkyrocket Companyも公開生放送。11月1日は本格焼酎&泡盛の日ということで乾杯の時間もあるようです。


さて、今日は池袋店の岡村氏からネタを拝借することにしました。


一度使うとその魅力に気付いてリピートしてしまう。確かにペネトレイトブラシはそんなアイテムです。


f0374162_17134295.jpg
どの方向にも動かしやすい丸い形状。


f0374162_17135258.jpg
手に馴染む長さ。(クリーム瓶の背が高いときは、スプレッドブラシという長めのブラシもあります)


f0374162_17140522.jpg

f0374162_17141472.jpg
グッとクリームを革に塗り込めるコシがある毛。このようにクリームを塗ると、表面を撫でるように塗った時よりしっかり補色ができます。

ちなみに岡村氏のブログに書いてある通り、ペネトレイトブラシはペネと略して呼ぶことがあります。ただ、私はほとんどペネと呼んだ記憶がありません。このあたりはスタッフによって個人差があるようです。ペネトレイトブラシ派かペネ派か、はたまた別の呼び方派なのか。今度スタッフの会話をこっそり聴きながら調べてみようと思います。



店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2018-10-29 17:29 | ブラシ

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房玉川タカシマヤ店の寺田です。
先週のTBSラジオ おぎやはぎのメガネびいきはザキヤマさん無双でした。



さて、先日入荷のお伝えをしたサノハタブラシたてがみ。本日、玉川工房にもサンプルが届きました。

f0374162_18495049.jpg

f0374162_18495758.jpg
まだほとんど使用していないため、ブラシとしての本領を発揮できるのはもう少し先になりそうです。玉川スタッフでしっかり育てていきたいと思います。
使用感を確認したいときはお声かけください。店頭のサンプルシューズでお試しいただけますので。


店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ






by tamagawa0917 | 2018-10-25 18:36 | ブラシ

新しいブラシが玉川にも

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房玉川タカシマヤ店の寺田です。
昨日のTOKYO FM Skyrocket Companyの本部長代理はあべこうじさん。あべさんのいつものネタ通り、良いテンポのHAPPYな放送でした。


さて、タイトルの通り新しいブラシが入荷しました。
f0374162_17070546.jpg

f0374162_17074923.jpg

f0374162_17084753.jpg
サノハタブラシ・タテガミ ¥4,500+税
毛は馬のたてがみ。大きさは持ち手の長さが12センチと少し小さめ。形状は小判型です。


ヤギ毛と通常の馬毛ブラシの中間くらいの柔らかさで、色々な状況で活躍してくれそうなブラシです。


その使用感は池袋店のなかじま氏が既にまとめてくれています。

玉川の初回入荷分は4本。この在庫が売り切れると次の入荷まではしばらく時間がかかる予定です。
ぜひ一度店頭でお手に取ってご覧ください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2018-09-27 17:15 | ブラシ

シンプルなメリット

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房玉川タカシマヤ店、本日2回目の寺田です。
昨日のTOKYO FM Skyrocket Companyの議題は「人生をもっと楽しもう案件~〇〇しないなんて損してる!~」でした。私はクロノスの中西さんが力説していた通り「ラジオを聴かないなんて損してる」に大賛成です。

そしてペネトレイトブラシを使わないなんて損してるとも思っています。
f0374162_11202743.jpg
ペネトレイトブラシとはこちらのアイテム。乳化性クリームを革靴に塗布するための専用ブラシで、メリット盛りだくさんです。


シンプルながら大きなメリットが手を汚さないですむこと。
f0374162_11203564.jpg
このように布を指に巻いてクリームを取ると、布にしみ込んだクリームで指先が思ったより汚れてしまいます。ペネトレイトブラシであればそんな心配はありません。

普段から靴をずっと触っている我々は、手が汚れないというメリットはどうしても忘れがち。
今回は基本に立ち返ってペネトレイトブラシのシンプルで大きなメリットをお伝えしました。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2018-08-23 14:58 | ブラシ

これも良いブラシです。

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房玉川タカシマヤ店の寺田です。
今週のTOKYO FM Skyrocket CompanyではFAXを使っての投稿があるなど、面白いスペシャルウィークでした。「ゲストが出演する」「プレゼントがある」だけでは面白くありませんからね。


さて、かれこれ8~9年ほど池袋→青山FANS.→銀座→玉川とブログを書き続けています。振り返ってみると地味目なアイテムをせっせと紹介していることが多かったです。ガス紐などは私が一番よく紹介してきたはずです。
f0374162_12371882.jpg
プロブラックブラシ ¥1,000+税
このブラシもそんな地味目なアイテムです。どうしてもサノハタブラシの陰にかくれがち。



f0374162_12373455.jpg
注目すべきはドイツ製であること。ではなく、使いやすい大きさと手ごろな価格を両立しているところです。



f0374162_12372709.jpg
もちろん使用感も良いです。
化繊のため豚毛に比べるとコシは弱いです。しかし化繊であるがゆえ、使い始めから光沢を出しやすいというメリットがあります。

地味ながらバランスが取れた良いブラシ。そう思って長年お客様にお勧めしています。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2018-08-03 14:38 | ブラシ

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房 玉川タカシマヤ店の寺田です。
昨日放送分のTOKYO FM Skyrocket Company 議事録ブログでは、髪をバッサリ切ったやしろ本部長の姿が見られます。カリカとして活動していた時代から長髪姿しか見たことがなかったのでかなり新鮮です。


さて、今回はこちらのアイテムのお話です。革靴にクリームを塗るための専用ブラシ、ペネトレイトブラシ。
f0374162_11522298.jpg
「買い替え時はいつですか?」とのご質問をお受けする機会が多いアイテムです。


f0374162_11523186.jpg
2本とも黒用に使っているもので、どちらもクリームで黒くなった状態。向かって左はまだ使いますが、右はそろそろ交換です。



f0374162_11523903.jpg
こちらはまだ使えるペネトレイトブラシ。クリームで黒くなっているものの、毛の開きや毛抜けによる密度の変化が起こっていません。



f0374162_11524713.jpg
こちらは買い替え時のペネトレイトブラシ。毛先が開いてきていて、中心部分はスカスカになってしまっています。

・毛先が開いてきたとき。
・毛の密度が薄くなってきたとき。
これが交換、買い替えの目安です。文章や口頭ではなかなか伝わりにくいかと思いますので、上の2枚の画像を参考に交換のタイミングを見極めてください。



店舗紹介
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2018-05-08 14:12 | ブラシ

みなさまこんにちは、
最近暖かくなってきたと思いきや、本日は寒いですね。。。
マフラーを引っ張り出した、おぬぐりです。

本日のタイトル
ほこり払い毎日の習慣にっと自分に言い聞かせる意味もございまして。。。
ついついお手入れ怠ってしまいがちな、私
帰宅して、玄関でササッとブラシがけを習慣づけたいのものです。
f0374162_11284670.jpeg
ほこり払いに使用いただくブラシは、馬毛がお勧めです。
柔らかく、毛が細いので革を傷つけず、細かなところまで、
お手入れできるアイテムです。
私が、使用する際は、特にコバの辺りほこり等たまりやすいので
画像の様にコバの辺り中心で払っております。

当工房で扱いのある馬毛ブラシコチラ↓
f0374162_11285437.jpeg
右から
・携帯サイズの小さめブラシ(¥500+税)
・サイズ感もありお手頃価格のブラシ(¥1200+税)
・サノハタブラシ(¥4800+税)
サノハタブラシ、持ち手部分がなだらかなカーブがついており、
とてもブラッシングしやすいです。

日々の手入れが、靴の寿命につながってまいります。
習慣にできるよう努めます。。。
是非みなさまも。


店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2018-03-21 12:46 | ブラシ

豚毛のブラシ その2

みなさまこんにちは。本日2回目のチノパンマンです。
来週は偶数月の第3週ということで、首都圏ラジオのスペシャルウィークです。


さて、先ほどのブログで触れた豚毛のブラシ。
f0374162_15114876.jpg
基本的には洗ったりせず、そのまま使い続けるものです。
次第に毛先にはクリームの成分が付着してきます。一見汚れているようにも見えますが、これが使い込んだ豚毛ブラシの良さにつながります。このような状態のブラシは新品のブラシと比べ、ブラッシングだけで革靴にある程度の光沢を出すことができます。出かける前にサッとブラッシングするでけでも靴の見た目はだいぶ良くなるはずです。


とはいえクリームの成分が毛先に付着しすぎてしまうと、ブラッシングの際にブラシがもたついてクリームを馴染ませにくい(光沢を出しにくい)こともあります。
f0374162_15122347.jpg

f0374162_15123103.jpg

f0374162_15123933.jpg
そんなときは折りたたんだリムーバークロスを机の縁にセットして、その上でブラシを動かします。そうすることでクロスに余分なクリームが移ってくれます。
「ちょっとブラシがもたつくな」と感じたときは、是非この方法をお試しください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-12-07 16:33 | ブラシ