人気ブログランキング |

コバの色褪せ

みなさまこんにちは。
玉川店のゴイブチです。





当工房スタッフがスニーカーを手にいれたそうです。
ミリタリーを連想させるカラーリング(私だけ?笑)、そして武骨さ。
かっこいいですね~。
そういえば革靴は色々買っていましたがスニーカーはしばらく買っていないような・・・。
私も何か探そうと思います。探すだけで買わないとは思いますが笑

さて、私は革靴を15足ほど持っていてローテーションで回してるんですが、

「スニーカー並みの履きやすさ」

を理由についついヘビロテしてしまう靴がございまして。



コバの色褪せ_f0374162_11541806.jpg


ジョンストン&マーフィーのOPTIMAです。

アッパーはガラスレザー。
底はハーフラバーを貼って雨靴としても履いている1足です。

日々のブラッシングのみ徹底していてクリームはあまり塗っていないのですが、写真を撮っている時に気づいてしまいました。

そう。コバの色褪せに!!



コバの色褪せ_f0374162_11552286.jpg


アッパーは気にならないのにコバは気になります。

よくよく考えたら地面に近いソールやコバのほうが、ホコリがついたり汚れたりダメージが大きいのは当然ですよね。
そしてホコリが油分を吸って乾燥してしまい、色が褪せていく。

ブラッシングだけではカバーしきれません。

こうなったらしっかりと補色してあげなければ!!



コバの色褪せ_f0374162_11545442.jpg


はい。補色完了です。
コバを補色しただけですが引き締まってみえますね。

今回使ったのはこちらです。



コバの色褪せ_f0374162_11543031.jpg

M.MOWBRAY ウェルトクリーム(ブラック・ダークタン・ライトタン) ¥1,000+税

皮革に浸透して栄養を与え、しっかり補色できるコバ専用のクリームです。

使い方はウェルトクリームを直接塗り、付属のブラシですり込むようにブラッシング。
仕上げに柔らかい布で磨き上げれば完成です。

普段のお手入れの際にはコバの状態もチェックしてあげましょう。

ちなみに、

「そこまでやるのは面倒だな~」

という方。


コバの色褪せ_f0374162_11544140.jpg

M.MOWBRAY エッジ&ヒールレノベーター ¥700+税

上記のペンタイプもあります。
こちらは補色のみですが、速乾性と防水性に優れているので手軽にコバの補色をしたい方にはおすすめです。




店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




# by tamagawa0917 | 2020-02-07 13:10 | スムースレザー お手入れ

やっと決めた一足

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
昨日のTOKYO FM Skyrocket Companyはテーマのせいか、いつもより笑いどころ盛り沢山の放送でした。番組後半は声を出して笑ってしまう場面も多々あり、外で聴いていなくて良かったです。



昨年末のブログでこんな宣言をしていたこともあり、年末年始は色々とスニーカーを物色していました。
クラシックなスニーカー(いわゆるローテクスニーカー)は昨年1足購入したので、今回は衝撃吸収材などに各社のテクノロジーが搭載されたスニーカーを探っていました。

いざ探し始めると、気になってしまうのはナイキのエアマックスシリーズばかり。スニーカーブーム最盛期の1995~1996年頃にかけて購入できなかったエアマックス95になびいてしまいそうでした。
しかしそれでは納得できないと、いつもの天の邪鬼を発揮して選んだ一足がこちら。
やっと決めた一足_f0374162_19111772.jpg
asicsのGEL-NANDI 360です。
他のブランドにはないカラーリング、レトロさ、武骨さに惹かれて購入。
衝撃吸収材GELを搭載したソールは私の足に合っているようで、初日から快適でした。柔らかすぎないバランスが気に入っています。

現在のアシックスは、競技用以外にも色々なスニーカーを出していて非常に興味深いブランドです。特にこのGEL-NANDIも含まれるカテゴリーASICS SportStyle(アシックスタイガー)は気になるモデルが沢山ありました。
原宿のフラッグシップストアは見所満載でしたので、スニーカーをお探しの方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




# by tamagawa0917 | 2020-02-05 19:07 | スニーカー

ツールボックスセット

みなさまこんばんは
玉川店のゴイブチです。

最近のマイブームはタバタ式トレーニングをすること。

「今年こそは本気で痩せるぞ!」

と思い立って何とか続けています。
休みの日はなるべくバスケをやりながら、まずはマイナス5kgを目指します。

さて、今日で1月が終わりますね。
明日から2月ということもあり、徐々にバレンタインギフトの問い合わせが増えてくるのかなと。

ということで今日はバレンタインギフトにおすすめしたいシューケアセットをご紹介。



ツールボックスセット_f0374162_17210297.jpg

M.MOWBRAY ツールボックスセット ¥4,000+税

カラフルなラインナップとコンパクトなサイズ感が魅力のシューケアセット。
写真は日本橋工房で撮ったものですが、玉川工房でも同じく4色展開となっています。

気になる中身はというと、、、


ツールボックスセット_f0374162_17211208.jpg

汚れ落としから黒のクリーム、仕上げ用のブラシとコットンまでと一通りのケアができる内容となっております。
工具箱のような見た目なのでDIY好きにもハマるセットだと思います!

ちなみにボックスの色は4色ですが、中身は同じなのでお間違えの無いようお願い致します。

気になる方は是非店頭まで。




店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177



# by tamagawa0917 | 2020-01-31 17:33 | ギフト シューケアセット

靴の脱ぎ履き

みなさまこんばんは。玉川店の寺田です。
今回のラジオ小話は文化放送「レコメン」のお話。構成や様々なコーナーは10代向けではありますが、メインパーソナリティ(オテンキのりさん)の力量で年齢関わらず楽しめる番組です。一般的なラジオ番組では時間が深くなるにつれて攻めた内容になるところ、レコメンは番組スタートの22時台が一番攻めたトークをする点が面白いです。


最近はスニーカーを履く頻度を増やしています。通勤はスニーカー、仕事中は革靴を履くパターンを週1回といったペースです。(これでも以前よりだいぶ増えた方)
靴の脱ぎ履き_f0374162_19595329.jpg
スニーカーも靴紐はきっちり締めなければいけません。本来テニスやマラソンなどのスポーツ競技用に開発されたことを考えれば、スニーカーこそ靴紐をきちんと締めて履かなければ靴の機能を発揮できないと考えるべき…。
先日、靴紐を画像のような状態で自宅から駅まで歩いたところ、歩きにくくて仕方ありませんでした。足が抜けないよう変に力を入れて歩くことに非常にストレスを感じました。

スニーカーは革靴に比べて、脱ぎ履きの手間を考慮したシステムを備えた靴が多くあると思います。昔からあるベルクロの他、Boaフィットシステムやリーボックのザ ポンプ テクノロジーなど。脱ぐ、履くを紐靴より手軽にと考えるのであれば、このようなスニーカーを選んでみるのも良い選択ではないでしょうか。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




# by tamagawa0917 | 2020-01-30 20:22 | 雑記

雨が革靴にしみ込む

みなさまこんにちは。玉川店の寺田です。
今回のラジオ小話はTOKYO FMではなく、TBSラジオの番組について。TBSラジオはトーク中心の面白い番組が沢山あります。その中でも何年も安定して好きな「ハライチのターン」。収録番組ゆえの聴きやすさ、流動的にどんどん変わっていくコーナーの数々。リスナー同士で過去のお気に入りコーナーの話をすれば、盛り上がること間違いなしです。私は「正直!」「ゴロリさん」「日常に潜むアメリカのコーナー」が好きでした。


今日の東京は非常に冷たい雨。二子玉川周辺は雪にはなりませんでしたが、夜にかけて雨足が強くなりそうです。帰宅時には足元に気をつけなければいけません。
雨が革靴にしみ込む_f0374162_16452301.jpg
さすがに今日は革底の靴で外に出ることはありません。濡れた路面を革底の靴で歩くと滑って危険ですし、ゴム底の靴に比べて雨が靴の中にしみ込みやすいです。
ただ、雨が靴の内部にしみ込んでくる場合、最初から革底の中心部からというケースは実はそれほど多くありません。革底と足の裏が触れる中底(インソール)までには、詰め物(コルクなど)が入っています。この詰め物が厚く敷き詰められていれば、底面から水がしみ上がってくるまでには時間がかかります。また革底自体に厚みがあれば、底面から水がしみ上がってくるまでの余裕ができます。



雨が革靴にしみ込む_f0374162_16453742.jpg
実は雨が靴の内部に最初にしみ込んでくるのは、靴本体と靴底の間からであることが多いのです。



雨が革靴にしみ込む_f0374162_16462738.jpg
壁のように立ち上がったスプリットウェルトやストームウェルトといった部材は、靴本体と靴底の間からの水のしみ込みを防ぐために使われています。これは昔からある手法です。
現代では「防水シートを内蔵させて水のしみ込みをガードする」などの方法もあります。
防水シート(ゴアテックスやイーベント)を内蔵した革靴は、革に撥水加工も施されているため、雨や雪の日の強い味方です。ただし、このタイプの靴も革を使っている以上メンテナンスフリーではありません。一日履いたらしっかりと休ませ、定期的なお手入れをしながらお付き合いください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177




# by tamagawa0917 | 2020-01-28 18:11 | 雑記