柔らかさと硬さ

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房玉川タカシマヤ店、本日2回目の寺田です。
洋楽もよく流れるお洒落なFM局→J-WAVE、AMっぽさがあるFM局→FM NACK5。私の中のFM局イメージです。完全なる個人の見解ですので各局ファンの方、ご容赦ください。


柔らかい靴→履きやすい靴、硬い靴→履きにくい靴。そう思われている方は多いようです。しかし実際は柔らかさ、硬さと履きやすさの関係は簡単に結び付けられません。
革靴に関しては場所に応じて柔らかさも硬さも必要です。例えば足が当たる裏革は柔らかく、それでいて摩擦に強いものが良いです。例えば踵などに使われる靴の芯材にはある程度の硬さが必要です。芯材が柔らかすぎては歩行時の安定感に欠けてしまいます。
f0374162_15152364.jpg
靴全体のバランスを考え、柔らかさと硬さをそれぞれ取り入れた靴は良い靴だと思います。
メーカーや作り手によってその取り入れ方は様々。実際に靴を見て、履いて、聞いてみる。気になるブランドやメーカーがそんな機会を設けていれば、ぜひ体験していただきたいと思います。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2018-08-08 17:09 | 雑記