マッケイ製法×シングルレザーソール

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房 玉川タカシマヤ店の寺田です。
首都圏のラジオはスペシャルウィーク期間中です。スペシャルウィークだからこそ実現したオールナイトニッポンでのフットボールアワー後藤さん×HKT指原さんの組み合わせ。聴かないわけにはいきません。昨日水曜日の放送はradikoタイムフリーで必ずチェックします。

さて、今回は革靴の底周りについてのお話です。
f0374162_11402436.jpg
今日履いているこちらの靴はマッケイ製法のシングルレザーソール仕様です。底周りをこの組み合わせにすると、靴はすっきり綺麗に仕上がります。


メリットは底の曲がりが良く、履き始めから比較的足馴染みも良い点です。
f0374162_11403490.jpg
デメリットは水のしみ込みやすさ。濡れた路面を歩くとあっという間に底から水がしみ上がってきてしまいます。また接地面から足裏までに厚みが出ない(中底や本底に使う革の厚みにもよります)ため、路面のギャップを感じやすいです。舗装されていない道、砂利などが多い道を歩くにはあまり向いていません。

この靴はかれこれ3,4年履いていまして、雨さえ降っていなければデメリットよりもメリットを多く感じています。製法とソールの組み合わせはそれぞれに特徴があります。普段の生活習慣や歩く距離などに合わせてお選びください。





店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2018-04-19 14:19 | 雑記