ブラシ色分けのセオリー

みなさまこんにちは。シューケアマイスター靴磨き工房 玉川タカシマヤ店の寺田です。
火曜日に放送されたTOKYO FM Skyrocket Companyをradikoのタイムフリーで聴いていたら、久しぶりに好きなコーナーが放送されていました。ご興味のある方は18時40分頃からエンディングにかけてを聴いてみてください。


さて、先日ホワイトレザーには専用のブラシをとお話しました。

「靴の色に合わせてブラシを使い分ける」この考えをご存知の方は多いと思います。とはいえ実際にどのブラシをどのように色分けして使うかとなると判断に迷ってしまうのではないでしょうか。
f0374162_10293518.jpg
ブラシは以下4つに従って色による使い分けをしています。
1.色によって使い分けるブラシは、クリームを塗った直後に使うもの。(豚毛、化繊の仕上げ用ブラシ)
2.黒、茶で分けるのが基本。
3.(クリームの適量を守っていれば)茶色用のブラシは色の濃淡で細かく分けなくても大丈夫。
4.白、ベージュなど薄い色は専用のブラシを用意する。(黄、鮮やかな緑なども同様)

細かなことを気にしだすとキリがないので、まずはこの4点を知ってブラシの色分けをしていただければと思います。





店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2018-04-15 16:43 | 雑記