スプレーも適量を

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
民放ラジオ101局特別番組が今年も放送されるようです。昨年のパーソナリティは山下達郎さんと星野源さん。今年は福山雅治さんと菅田将暉さん。何とも豪華な組み合わせです。


さて、先ほどのブログでは起毛皮革のブラッシングについてお話しました。


せっかくなので、今回は起毛皮革に必要なお手入れの工程をもう一つご紹介します。
f0374162_11172988.jpg

f0374162_11173694.jpg

f0374162_11174320.jpg
白いラベルが目印の起毛皮革専用スプレー。スエードカラーフレッシュスプレーです。

スエードカラーフレッシュスプレーは乳化性クリームの代わりとなるものと考えてください。
起毛皮革に油分を補給したいからと乳化性クリームを塗るわけにはいきません。毛がつぶれてしまい、革の質感が大きく変わってしまいますので。そこでスエードカラーフレッシュスプレーの出番です。このスプレーであれば起毛皮革の質感を損なうことなく油分の補給ができます。同時に水を弾く力もつきます。
使うタイミングはブラッシングの後で、靴をぐるっと1周するように吹き付けます。(革質やコンディションによって2~3周スプレーすることもあります)

使用頻度の目安は、4回履いたら1回スプレーをするくらいで十分です。
履く度に毎回スプレーするのは、クリームを厚塗りしていることと同じです。スプレーをかけすぎた起毛皮革は毛がダマになってしまうので、その点はご注意ください。

とはいえ4回履いたら1回はあくまでも目安。
「前回履いてからだいぶ時間が空いてしまった」「雨の中で履く必要がある」
このような場合は履く前にスプレーしておいてください。

乳化性クリームと同様塗りすぎ(吹き付けすぎ)には注意。スプレーにも適量があることを知っていただければ幸いです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ









by tamagawa0917 | 2018-03-13 18:36 | 雑記