汚れの行き先とリムーバークロス

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
ここできたかSNOW SOUND…チェックしていなかった放送内容を日本橋ブログで知ることが増えてきました。ちなみにSNOW SOUNDはイントロのワクワク感が好きです。スキー場に行くときに聴いたらさぞ楽しいだろうと思います。
とはいえ季節は寒さと暖かさを繰り返す時期にさしかかってきました。ラジオから流れる冬や雪の音楽はそろそろ聴き納めかもしれません。次はいよいよ春や桜の音楽。ケツメイシ「さくら」のあのイントロを聴ける日を楽しみにしています。


前置きが長くなってしまいました。
先日のブログでホワイトレザーの汚れ落としについて書いてみたところ、お客様から勉強になりましたと嬉しいお言葉をいただきました。
汚れが付着したクロス(布)の面はこまめに変える。汚れた面で拭き続けるより作業効率がグッと良くなります。


実はこのコツ、通常の革靴でも共通して言えることです。
f0374162_10073992.jpg

f0374162_10074682.jpg

f0374162_10075551.jpg
指に巻き付けたリムーバークロスにステインリムーバーを取り、靴の表面を拭きます。ステインリムーバーを使う目的は表面に付着した汚れ、古い靴クリームやワックス、汗などによる塩分汚れの除去です。


f0374162_10080266.jpg
片足の3分の1ほどを拭いてみました。このようにクロスが汚れるのは古い靴クリームなどをキャッチしてくれた証拠です。(多少革の色や仕上げが落ちていることもありますが、色付きのクリームで補色してあげれば問題ないケースがほとんどです)このような状態になりましたら、指に巻き付ける面をずらしてください。クロスの綺麗な面は汚れをキャッチする余白が多いので、面をこまめに変えてあげた方が作業効率は良くなります。

日常のお手入れでもこのようなポイントを意識していただければ幸いです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2018-02-12 10:36 | 雑記