みなさまこんばんは。玉川店の寺田です。
しばらく遠ざかってしまっていたTOKYO FM 「NISSAN あ、安部礼司」を再び聴くようになりました。昨年リニューアルしていたようで登場人物や1時間の構成は変わっていましたが、私は昔と変わらず好きです。やしろ本部長(マンボウやしろ)の脚本も良いと思います。


さて、今回はこちらの続編です。


f0374162_19434642.jpg
プロブラシシリーズの右2本。


f0374162_19435662.jpg
サノハタブラシの右2本。
これらの使い方は共通です。使うタイミングはクリームを塗った直後。使う目的はクリームを革靴全体に馴染ませるためです。


f0374162_19440979.jpg
プロブラシシリーズの2本(向かって左プロブラックブラシ、向かって右プロホワイトブラシ)はどちらも化繊の毛です。それほど硬くはありませんが、触った感じはシャリっとしています。



f0374162_19442044.jpg
サノハタブラシの2本(向かって左サノハタブラシ豚毛黒、向かって右サノハタブラシ豚毛白)はどちらも豚の毛です。化繊と比べると硬く、こちらも触った感じはシャリっとしています。
この共通するシャリっとした毛質がクリームを馴染ませるときに最適なのです。(ある程度コシがある毛の方が作業の効率が良いです)
ちなみに毛の色が黒と白のものがあるのは、クリームの色によって使い分けるため。化繊と豚毛はクリームを塗った直後に使うブラシのため、毛先にはクリームが付着します。そのため「黒のクリームには黒の毛」「茶系のクリームには白の毛」と使い分けるのがセオリーです。

前回の内容と合わせると、ブラシの正しい使い方のポイントは以下3点。
・馬毛のブラシは汚れ落とし用。
・化繊や豚毛のブラシは仕上げ(クリームを馴染ませるため)用。
・化繊や豚毛のブラシはクリームの色によって使い分ける。
これからシューケア・靴磨きを始める方は、まずこの3点を覚えていただければ安心です。





店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




# by tamagawa0917 | 2019-03-24 20:03 | ブラシ

こんばんは
ブログで生存確認をされています。
フジモトです。

最近玉川店から家が近くなり、
三四朗のANN0が片道の通勤時間で聴ききれなくなってしまったので、帰りの楽しみに後半は取っておくこととします。

最近お問合せの多いシューキーパー。
メンズ用の需要がやはり多いですが、実は玉川店でもレディースサイズのお取り扱いがございます。

f0374162_18150545.jpg
サルトレカミエ SR100EX
¥8000+税
レディースサイズ 35.36.37

メンズライクなレディースの革靴が増えてきている為、木製のシューキーパーは必須となってきます。
f0374162_18151771.jpg
f0374162_18153633.jpg
皺を伸ばすのはもちろん、ソールの返りを防いでくれたり、履き口が横に広がるのを防いでくれたり、靴の型崩れを防止してくれます。

f0374162_18155037.jpg
レディースシューズに木製シューキーパーが入っているとより素敵に見えませんか?

靴を長く大切に履くために、シューキーパーをお持ちでなければ是非ご検討ください。



店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







# by tamagawa0917 | 2019-03-23 18:24 | スムースレザー お手入れ

受け入れた先に

こんばんは
最近朝食づくりにはまっている
フジモトです。

今週もよろしくお願いします。

radikoアプリの大幅なアップデートに僕もかなり混乱しています...。

今日は変なタイトルを付けましたが
まずはこちらをご覧ください。
f0374162_19263157.jpg
f0374162_19261848.jpg
f0374162_19264246.jpg
f0374162_19270756.jpg
見ていただくと傷やヘコミ、色ムラ、全体的なシワ感。
改めて手にとって全体を見てみると最初の頃から大きく変化しています。

2枚目にあるようなかなり目立つ傷、お手入れしても均等に色が乗らず、色ムラが出てきた時、その度にどうにかならないのかと落ち込んでました。

でも時間が経つとこれもエイジングの一部なのかなとなぜか納得してしまい今に至ります。
それを受け入れられるのも日頃のお手入れが加わっているから。
これがずっと何もしてない状態の靴だと傷や色ムラが余計に気になっていたと思います。

もちろん、傷補修修理や染め替えなどトラブルを解決する方法はたくさんありますが、傷や色ムラ、ヘコミを受け入れてエイジングと捉えるのも一つの選択肢になるのではないでしょうか。


シューケアマイスター靴磨き工房 玉川タカシマヤ店



店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ



# by tamagawa0917 | 2019-03-22 19:28 | 靴紹介

みなさまこんばんは。玉川店の寺田です。
昨日のTOKYO FM Skyrocket Companyはいきなり楽曲からのスタート。何かと思ったら冒頭数分は本部長が不在でした。


昨日お伝えした通り、シューケア・靴磨きで大切なのはそれぞれのアイテムを正しく使うこと。


使う量、力の入れ加減、使うタイミングなどなど。通常のシューケアであればアイテム数はそれほど多くありませんので、一つずつ確実に覚えていただければと思います。


f0374162_20505920.jpg

f0374162_20510816.jpg
今回はブラシをクローズアップします。
それぞれのグループのブラシ(上の画像「プロブラシシリーズ」、下の画像「サノハタブラシ」)は3本セットで並んでいますが、それぞれの正しい(基本の)使い方と役割はご存知でしょうか。


f0374162_20511883.jpg

f0374162_20512767.jpg
プロブラシ、サノハタブラシともに一番左に並んでいるブラシは馬毛のブラシです。馬毛ブラシ(ホースブラシ)の使い方は靴に付着した汚れ落としです。柔らかい毛が高密度で並んでいるため、靴本体と底材の隙間にもしっかりと毛が入り込んで汚れを払ってくれます。
お気に入りの靴を長持ちさせるには、まず靴を脱いだ後のブラッシングを習慣にしていただきたいです。その時に使うブラシがこの馬毛ブラシです。

次回は右2つの黒い毛、白い毛のブラシについてお話したいと思います。





店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




# by tamagawa0917 | 2019-03-21 20:30 | ブラシ

正しい使い方一覧

みなさまこんばんは。玉川店の寺田です。
昨日のTOKYO FM Skyrcoket Companyのハイライトは「ゴリラ漫談」です。「何それ?」と気になった方はradikoのタイムフリーでどうぞ。


春は気持ちも新たに、シューケア・靴磨きに取り組まれる方が増える季節。そんなわけで昨日はこんな内容でした。
シューケア・靴磨きに特別な知識は必要ありません。必要な道具を揃え、正しく使うだけです。
今後も様々なアイテムの正しい使い方はご紹介していきますので、引き続き玉川ブログをご覧いただければ幸いです。


f0374162_20293265.jpg

f0374162_20291651.jpg
ちなみにこの本を買えば、道具の正しい使い方は一通りわかります。「シューケア用品の正しい使い方一覧」と言っても過言ではない一冊。玉川ブログでちまちま情報を集めていては効率が悪いなと思う方は、書店(もしくはネットショッピング)へGOです。





店舗紹介

R&Dシューケアショップ
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

ショップ直通電話番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





# by tamagawa0917 | 2019-03-20 20:40 | 雑記