タグ:シューケア ( 180 ) タグの人気記事

こんにちは、南葛です★

本日は“乳化性クリーム”について、お話をしたいと思います。
f0374162_09222012.jpg



乳化性クリームは、靴のお手入れには切っても切り離すことができない不可欠なものでありますが、

そもそも「乳化性クリームって何?」という方もいらっしゃると思います。

乳化性クリームは簡単にいうと水、ロウ、油で構成されており、

水が“潤い”、ロウが“ツヤ”、そして油が“栄養”を与えるという役割をそれぞれ担っています。


また乳化性クリームと一言で言っても、構成している3成分の比率や使用されているものによって役割が大きく変わって来ます。


例えば…
f0374162_09222195.jpg

f0374162_09222174.jpg
こちらのデリケートクリーム、中身はかなりトロッとした感じ。つまりは“水分が多め”というサインであり、デリケートクリームの主な役割は“潤いを与える”ことになります。

一方で…
f0374162_09222290.jpg

f0374162_09222292.jpg
種類は変わって、イングリッシュギルドのビーズリッチクリーム。先ほどのデリケートクリームとは異なり、クリームは固め。そう、このクリームは“ロウか多め”で、“ツヤを与える”ことに特化しているのであります。

また…
f0374162_09222300.jpg

f0374162_09222491.jpg
南葛のお手入れでは毎度登場します、クリームナチュラーレ。こちらは天然成分100%で構成された革に優しいクリーム。つまりは“栄養を与える”という部分においては群を抜いてるのであります。


大きく言えば同じ乳化性クリームではありますが、

それぞれに特化した役割があります★

クリームの特徴をしっかり見極めた上で、ベストなチョイスを心掛けましょう♪

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

6月3日(土)、4(日)は靴べらカラーリング体験!
詳しくは、コチラまで


by tamagawa0917 | 2017-05-19 10:00 | 靴クリーム

こんにちは、南葛です★

本日は新商品のご紹介です!それが、、、

f0374162_11520566.jpg
【紗乃織刷子 真鍮(¥5800+税)】

あの紗乃織刷子に、新たな仲間が加わりました!

それが、真鍮の毛が植え込まれたスエード・ヌバック用の刷子!

f0374162_11521491.jpg
注目すべきは、この真鍮の毛量★

従来のブラシは真鍮の毛の量が少なく、かつ植え込まれいる範囲が狭い分、

毛に強度を持たせるため1本1本の真鍮の毛が太かったり、

複数本の真鍮の毛をまとめて1本の毛を構成しています。

が真鍮の強度が強い分、ヌバックなどの毛足が短く柔らかい素材のタイプに使用すると

どんなにデリケートに扱っていても素材を痛めてしまう、なんてことも。


しかしこの紗乃織刷子は細い真鍮の毛を大量に、そして広範囲に植え込んでいるため、

素材を気にすることなく、安心して使用いただくことができます★

加えてこの毛量が、しっかりと毛と毛の間に詰まったゴミをしっかりと掻き出し、

毛並みも綺麗に整えてくれます!


これは南葛自身も待ち望んでいた逸品、声を大にしてオススメいたします!

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

6月3日(土)、4(日)は靴べらカラーリング体験!
詳しくは、コチラまで


by tamagawa0917 | 2017-05-18 12:00 | スエード・ヌバックレザー お手入れ

こんいちは、南葛です★

本日はコードヴァンの、、、

f0374162_12314596.jpg
履きジワのお手入れにフォーカスを当てていきたいと思います。

コードヴァンの靴で気になってしまうのは、この履きジワに白み。

これはコードヴァン独特の症状であり、皮繊維が履きジワの屈曲によって立ち上がっているのであります。

つまりは、この皮繊維を“潰す”という一手間を加えなければ、

どんなにお手入れをしていても、白い状態が続いてしまうのであります。

では、どうやって潰すのか?という話になりますよね。

そこで使うのが、、、

f0374162_12315355.jpg
このアビィレザースティックと、アニリンカーフクリーム★

アビィレザースティックは、このコードヴァンの皮繊維を潰すために誕生した逸品!

アニリンカーフクリームは、元々染料染めがされている革製品向けに生まれたクリームですが、

このアニリンカーフクリームの特徴は、“ロウ分が多め”というところ。

通常コードヴァンは水に弱いとされ、水分の多いクリームを使用するとシミになるリスクが。
f0374162_12320251.jpg
しかしロウ分の多いクリームを使いながら潰すことで、

シミになるリスクをぐっと抑えることができるです♪

アニリンカーフクリームを使って潰し、ブラシをかけた後の姿が、、、

f0374162_12321038.jpg
こんな感じ★

ここでの注意点は、クリームの量と潰す時の力加減!

クリームが多すぎてしまうとベタつきが残り、

力をかけすぎてしまうと皮そのものを痛めてしまいます。

何事も加減が大事ということですね♪


コードヴァンをお持ちの方は、この一手間を是非★

靴の印象がガラッと変わりますよ!

以上南葛でした〜


emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

6月3日(土)、4(日)は靴べらカラーリング体験!
詳しくは、コチラまで


by tamagawa0917 | 2017-05-17 12:32 | コードバンケア

こんにちは、南葛です★

本日は“油性ワックス”についてお話をしたいと思います!


油性ワックスといえば、、、

f0374162_15540651.jpg
このように、缶に入った固形タイプのケア用品。

水、油、蝋の3つで構成された乳化性クリームとは異なり、

水が含まれていない、油と蝋だけでできたものが油性ワックスなのであります。


油性ワックスの大きな役割が、、、

f0374162_15535889.jpg
このハイシャイン★

革の毛穴をワックスで埋めていきながら、何層も何層もワックスを重ね塗りをします。

毛穴が完全に埋まり凹凸がなくなった時、

鏡のごとく写してしまう、“鏡面磨き”となるのであります♪


またハイシャインは、通常芯材が入ったトゥとヒール部分に施します。

このトゥとヒールが靴の中では傷が付きやすい箇所に該当するため、

このハイシャインが、傷から守ってくれるのであります★


しかしこのハイシャイン、機能面でも優れ見た目もカッコいいですが、

実は革とっては、決して良いものとは言えないんです。

というのも、先程革の毛穴を重ね塗りをして埋めていくというお話をしましたが、

この毛穴を埋めるという行為が、革の通気性を損なわせてしまうのです。


この状態が続いてしまうと、

革が栄養不足で乾燥が進行していき、痛みやすくなってしまいます。


「では、油性ワックスはやらない方がいいのか?」

という言葉が聞こえてきそうですが、そんなことはありませんよ★

ただ、お手入れのする際にはキチンと落としてあげる必要があります!

ワックスを塗っていた箇所に風を通してあげて、

乳化性クリームを塗り込めば大丈夫♪


ハイシャインを施すことが靴を守ることにつながり、

ハイシャインを落とすことも靴を守ることに繋がります。


皆様も良いハイシャインを♪

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

6月3日(土)、4(日)は靴べらカラーリング体験!
詳しくは、コチラまで


by tamagawa0917 | 2017-05-16 10:00 | ハイシャイン 鏡面磨き

こんにちは、南葛です★

昨日も登場いたしました、、、

f0374162_10382232.jpg
こちらのコードヴァンのアレン・エドモンズ、前回は、、、

f0374162_10384581.jpg
オールソールのお話をいたしました★

そして本日は、そんなアレン・エドモンズを綺麗にすべく、

ケアのお話をしていきますよ!

それでは参りましょう〜、、、


まずは汚れ落とし、馬毛のブラシでホコリを落としたら、、、

f0374162_17585863.jpg
水性タイプのクリーナーでスッキリさせてあげましょう♪

水はコードヴァンに取って天敵と言われていますが、

こちらのステインクレンジングウォーターは、
天然成分の“オイル”がベース!

そのためコードヴァンのようなデリケートな素材でも、

優しく、且つ汚れも落としてくれるのであります!


さぁ、汚れが落とせたら、

写真
履きジワの立ち上がった毛を押し潰しましょう★

ここではロウ分が多めの無色のクリーム、アニリンカーフクリームをアビィレザースティックに取り、馴染ませながら潰していきます。
(※毛を潰してある程度白身がなくなったら、
一度ここでブラッシングをしましょう)


ここからは全体のお手入れ、、、

f0374162_17591467.jpg
コードヴァンとの相性はもちろん抜群、

コードヴァンクリームレノベーターを全体的に塗り込んでいきます。


最後はおまけに、、

f0374162_17592254.jpg
油性ワックスである、トラディショナルワックスを全体に薄塗り。

あとは軽くブラッシングをすれば、、、

f0374162_17593328.jpg
はい、この通り!

コードヴァンはデリケートな革のため、手間はどうしてもかかってしまいます。

が、このアフターの姿を見れば素材の良さを心から感じます♪

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

6月3日(土)、4(日)は靴べらクリーニング体験!
詳しくは、コチラまで



by tamagawa0917 | 2017-05-14 10:00 | コードバンケア

こんにちは、南葛です★

本日は修理のお話をしたいと思います♪

今回の主役となった靴が、、、

f0374162_10382232.jpg

f0374162_10383188.jpg

コードヴァンとしては初登場ではないでしょうか?

アメリカの老舗シューメーカー、アレン・エドモンズでございます!

そんなアレン・エドモンズ、

f0374162_10384581.jpg

今回はオールソールを承らせていただきました!

今回お選び頂いたソールは中心部のJRの文字が目印、

それがドイツのレザーソール、ジョンレンデンバッハ★

革の繊維がギュッと詰まっているため減りにくく、

丈夫でありながら返りがよく足なじみのいいソールです♪

加えて今回はトゥに、ヴィンテージスチールを施しております♪


オールソールをご検討の方は、ぜひジョンレンデンバッハをお選びください!

本当のレザーソールの良さを、体験いただけます♪

明日はこちらのアレン・エドモンズをお手入れしていきたいと思います★

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

6月3日(土)、4(日)は靴べらクリーニング体験!
詳しくは、コチラまで





by tamagawa0917 | 2017-05-13 12:00 | 靴 修理

こんにちは、南葛です★

本日は6月に行います、イベントのご紹介です♪

それが、、、

f0374162_13585206.jpg
【靴べらカラーリング体験】

この度玉川工房で、初めて靴べらの染め体験を行います!

革とメタルのスライド式の靴べらをご用意させていただき、

皆様には革の部分を、お好みのお色でカラーリングしていただけます★


開催日 6/3(土)、4(日)

時間 11時〜、14時〜、16時〜 の各3回(所要時間 約30分)

場所 玉川高島屋 本館4階 紳士靴売り場

お値段 1本5000円

事前のご予約も承っております!

工房直通番号 03ー6447ー9177
メールアドレス futako.shoecare@gmail.com

以上の電話番号、またはメールアドレスに、

お名前、参加希望日時、ご参加人数をご連絡ください。


この機会に世界に一本だけの靴べらを、是非♪

是非ご参加くださいませ♪

以上南葛でした〜


emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ



by tamagawa0917 | 2017-05-10 15:00 | イベント紹介

ブラシなのか、布なのか

こんにちは、南葛です★

クリームを靴に塗る際、“ブラシなのか”。はたまた“布なのか”。

ここは大きく分かれるところですね。


従来多く用いられていたのは、布ですね。

しかし、布はクリームの水分が布に引っ張るため、

継ぎ足しては塗る作業を必要以上に行ってしまいます。

継ぎ足しが増えれば、表面には入りきらなかった余分なクリームが残ります。

イメージとしては、

『お腹がいっぱいなのに、無理やりご飯を押し付けられてる』

と言ったところでしょうか?笑


加えて、クリームの量が多くなれば表面上にはベタつきが出ます。

そんな状態で外を歩いて外気に触れたら、埃まみれなんてことも、、、。

f0374162_08322773.jpg
ではブラシではどうなのか?

ブラシは、布ほどクリームを吸着するということがありません。

そのため、片足に塗るクリームの量はなんと“米粒2、3粒”。

なので余分のクリームの継ぎ足しも必要なく、全体に塗り広げることができます。

さらに塗ってるクリームの量が少なければ、当然ベタつきを起こすこともありませんね★


ブラシの機能面ですごいのは、これだけじゃないんです。

f0374162_08323679.jpg
こういったコバの溝部分。

布を使うとなれば、こうした部分を塗るのに新たに継ぎ足すなんて方も多いのでは?

ですが、ブラシでは継ぎ足しの必要なく、

きちんと奥までクリームを行き届かせることが可能です。


是非ブラシの機能を堪能してみてください♪

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ


by tamagawa0917 | 2017-05-10 10:00 | ブラシ


こんにちは、南葛です★

本日はお手入れの工程でも核となる、

お手入れに必要なのは“リキッドタイプ”なのか、“クリームタイプ”なのか、

お話をしていきたいと思います。


皆様、靴をお手入れする際に何を意識してお手入れされていますか?

もちろん綺麗に履くために、という意見が大多数かと思います。

綺麗に履くためであれば、リキッドタイプの塗るだけで簡単なお手入れができます。

しかしリキッドタイプは艶を与える一方で、革の表面に膜を張るような形になるため、

革の通気性が損なわれると同時に、栄養を外から取り込めなくなってしまいます。

結果革の痛みを進行させてしまうのであります。


では綺麗に、そして“長く”履くためには何を使えばいいのか。
f0374162_17371378.jpg
そこでこそ、“クリームタイプ”を使うべき。

クリームには、革に必要な栄養や潤い成分が含まれています。

定期的なお手入れの際に乳化性クリームを塗りこむことにより、

いつまでも健康的で、潤いある革を維持することができるのであります★


お手入れと大きなくくりあっても、

使うアイテムが変われば靴の寿命も大きく変わってきます。

クリームタイプを使ったお手入れを是非♪

以上南葛でした〜


emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-05-09 10:00 | 靴クリーム

こんにちは、南葛です★

本日はお手入れから少し離れたお話をしていきたいと思います。

そのお話が、、、
f0374162_08395369.jpg
f0374162_08400220.jpg
f0374162_08401242.jpg
『靴を履く時、靴べらって必要なの?』というお話。

当然靴を履きやすくするために生まれたのが靴べらでありますが、

使うことに煩わしさを感じたり、

また使わなくても履けるという理由から、

お持ちでない方も多いのではないでしょうか?

しかし、履きやすくするだけが靴べらの役割ではないんですよ?


その役割というのが、、、“靴を痛みから守る”ということなんです。

踵部には“月型芯”という芯材のパーツが入っており、

外部の衝撃から踵を守ると同時に、

靴としての形状を維持、補強する役割を果たしています。


そのため、紐を解いて履くのが面倒くさいという理由から、

踵を踏みながら押し込むように靴を履いてる方もいらっしゃいますが、

これは足を守ってくれる靴を痛めている行為であり、靴を急速に劣化させます。


靴を痛みから守るという理由は、こうした部分にあるんです♪

靴を長く履くために、お手入れももちろん大事ですが、

こうしたところから気を使ってあげることをお勧めいたします★

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ


by tamagawa0917 | 2017-05-08 10:00 | シューホーン 靴べら