乾燥にご注意を

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
ブログ冒頭でのラジオ話がいつの間にか二代目モンブランとのクロストークになっていました。そして昨日は「福のラジオ」のネタが被るという偶然。
ちなみに関西出身の彼にお勧めしたい番組はTOKYO FMのSkyrocket Companyです。本部長と秘書のトークと選曲の良さ。まだ聴いたことがない皆様も是非一度聴いてみてください。


さて、空気の乾燥とともに革の乾燥には気をつけていただきたいと何度かブログでお話しました。
f0374162_11332066.jpg

f0374162_11373003.jpg
そんなことを語っていながら私の今日の足元はこちら。乾燥した革のお手本のような状態でした。


乾燥した革にはデリケートクリームです。
f0374162_11380539.jpg

f0374162_11374991.jpg



しっかりと刷り込んで豚毛のブラシをかければこの通り。
f0374162_11381247.jpg

f0374162_11382152.jpg
だいぶコンディションは改善されました。10年履いている靴であること、革の特性を考えると表面の細かなシワはやむを得ない状態です。
塗りすぎは禁物ですが、放置して乾燥させるのも革にとっては良くありません。この時期は2~3週間に1回くらいのペースでデリケートクリームを塗り、ブラッシングしてあげてください。


店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







# by tamagawa0917 | 2017-12-04 12:29 | 雑記

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
昨日の「福のラジオ」はB'zの稲葉浩志さんがゲスト出演。福山雅治×稲葉浩志とは何とも豪華な組み合わせです。一週間でしたらradikoのタイムフリーで聴くことができますので、ご興味のある方は是非。


さて、先日入荷のご案内をしたオーストレッグ×アビィシューホーン(¥8,000+税)
早速1本が旅立ちまして、玉川工房の在庫は残り1本となりました。


f0374162_10194574.jpg

f0374162_10195269.jpg


靴べら本体は真ん中が黒く、両サイドは透明感があります。
f0374162_10200270.jpg

f0374162_10200950.jpg


オーストレッグ(ダチョウの足の革)を使ったケースは真っ白で、表と裏の柄はこのように出ています。
f0374162_10201604.jpg

f0374162_10202387.jpg
ケース付き、しかも白でインパクトのある革を使っている携帯靴べらは中々無いと思います。
ご自身用はもちろん、クリスマスプレゼントとしてご検討いただければ幸いです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ










# by tamagawa0917 | 2017-12-03 10:34 | 靴ベラ シューホーン

みなさまこんにちは、竹ブラシです。


先日アップした「エゾジカまとめブログ」皆さんはご覧になられましたでしょうか??



どうやら当社の本社スタッフの一部でも話題になっていたようです。

というのも貼り付けたリンクのサムネイル画像がどれも同じような写真であったため、
「竹ブラシ、リンク貼り付けミスってるのか」との事で話していたようです。笑

確かに改めて見るとそう見える気が。。。
でも安心してください、それぞれちゃんと別の記事ですので。笑

そんな話はさて置き。



今日はお客様の1足をご紹介。

久々に「おー!!!!」となった靴です。


f0374162_12270451.jpg

f0374162_12285253.jpg



f0374162_12290521.jpg


お客様からシューケアで承りました《HIRO YANAGIMACHI》のビスポークシューズ。

ブラウンのシボ革
小ぶりなヒールとグッと絞られた土踏まずのライン、とにかく美しい。。。

わたくしビスポークシューズを作ったことがないので、お客様に色々とお伺いしたところ、
同じお店で作ると、やはり最初に作った靴よりも、2足目3足目と作った靴の方がフィッティングが一番良いとのこと。

足数を重ね、木型の修整が入ることにより、徐々に自分にぴったりの1足が出来上がる、ということのようです。


こういったお話を聞いているとビスポークシューズを1足と言わず、2足3足と欲しくなってきますね。笑

このお仕事をしているからにはいつかビスポークシューズを手にしたいなぁと思う竹ブラシです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ








# by tamagawa0917 | 2017-12-02 12:39

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

関西のラジオ事情が気になると話していたところ、関西出身の二代目モンブランがABCラジオを勧めてくれていました。番組表を見てみると平日夜の帯番組「よなよな…」が気になります。特に木曜日。



さて、発売以来色々と試し続け、使い方のコツをだいぶつかんできたこちらのアイテム。
f0374162_16460549.jpg
エゾ鹿グローブクロス ¥2,500+税


最近一つ便利な使い方を発見しました。
f0374162_16344800.jpg

f0374162_16345837.jpg
ハイシャインをする際、シワが入る部分に向かってワックスをぼかすように乗せたいとき。


f0374162_16350879.jpg

f0374162_16352156.jpg
ワックスを乗せた後、まずボアの面で拭きます。


f0374162_16352919.jpg

f0374162_16354091.jpg
その後、エゾ鹿スエードの面で拭きます。

1. ワックスを乗せる
2. ボア面で拭く
3. エゾ鹿スエードの面で拭く
この1.~3.を繰り返すと、際の部分に丁度良い塩梅でワックスが乗ってくれました。

しっかり光らせたい部分のハイシャインと並行してこの作業を進めると「つま先は強めの光沢→シワが入りそうな部分は弱めの光沢」と綺麗なグラデーションに仕上がります。プレーントウの靴をハイシャインする際には特に役立ちそうですので、是非お試しを。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ






# by tamagawa0917 | 2017-12-01 17:00 | 雑記

ヒールパッドの使い方

みなさまこんにちは。
昨日は久しぶりにFM NACK5のmonakaを聴きました。ちなみにNACK5には「らじっと君」というキャラクターが存在します。つり上がった目が特徴の青いウサギ(?)です。



さて、レザータンパッドと同じく気が付くと在庫が減っているアイテム。
f0374162_12140773.jpg

f0374162_12141629.jpg

f0374162_12142409.jpg
ヒールパッド ¥900+税



パッケージに書かれている通りカカト用クッションの部分インソールではありますが、こんな状況でも役に立ってくれます。
f0374162_12143457.jpg

f0374162_12144462.jpg
履き口やトップラインと呼ばれる部分が足に擦れてしまうとき。ヒールパッドを入れて足の位置を少し上げると、足の擦れを解消できることがあります。履き始めの靴でまだ革が硬いときなどに上手く使っていただくと効果的です。


ヒールパッドには固定するための丸い粘着テープがついています。
f0374162_12153125.jpg
ただこちらを使わなくても、ヒールパッドは歩行中には意外と動きません。
どうしても靴の中で動いてしまうときはこちらのテープで固定してあげてください。動かないようでしたらテープで固定せず、色々な靴に使い回すなんて方法も有りです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




# by tamagawa0917 | 2017-11-30 14:30 | 雑記