スエードですから。

皆さんこんにちは、喉をやられました、竹ブラシです。


電車に乗るときも寝るときもマスクを欠かさず徹底した体調管理を意識しておりました。
が、喉をやられました。。。
これはまずいと思い、昨日風邪薬を飲んだのですが驚くほど快調。笑

睡眠の質も良かったようで中畑清以上に「絶好調」。
風邪薬様様です。今日もしゃかりき頑張っていきたいと思います。

そんな話はさて置き。


チノパンマン氏がここ最近気に入っている、













エゾ鹿グローブクロス。

10/6に入荷ブログを上げて以降、これだけブログで取り上げているほどです。
チノパンマン氏ならエゾ鹿グローブクロスでどんぶり3杯ぐらいお米食べれそうですね。笑

\2500+税と通常のグローブクロスの5倍のお値段とはなりますが、
それだけプッシュしたくなるほど良い商品である、というのは間違いありません。


f0374162_10333648.jpg


f0374162_10335100.jpg

愛用していることもあり、靴クリームの油分やロウ分がいい具合に染み込んで育ってきましたね。


スエード面をよく見てみると、、、


f0374162_10351885.jpg




f0374162_10353095.jpg


エゾ鹿のスエード面が少し潰れてます。。。

さてどうしたものか、と言いたいところですが、心配ご無用。





エゾ鹿グローブクロスの伝道師、チノパンマン氏がこんな便利なブログもあげております。


ラテックス&スプラッシュブラシでお手入れ。

f0374162_10395667.jpg


f0374162_10403479.jpg

f0374162_10405239.jpg


復活しました。
エゾ鹿スゴイ、回復力も流石ですね。。。


靴を大事にするのと同じように、是非お使い頂いている道具も大事に出来るといいですね。

上記に掲載しているチノパンマン氏のエゾ鹿ブログも是非ご覧になってみてください。

以上、竹ブラシでした~


店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ















# by tamagawa0917 | 2017-11-25 10:44 | スエード・ヌバックレザー お手入れ

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
最近、玉川工房ではブラシについてご質問を受ける機会が増えています。

「ブラシは何本あれば良いですか?」「馬毛と豚毛のブラシはどう使い分ければ良いですか?」といった質問が多いです。ブラシはシューケアにおいて非常に重要なアイテムですので、ブラシへの関心が高まっていることが嬉しいです。
f0374162_11504828.jpg
まず必要なブラシの本数は3本が基本です。
向かって左が茶色のクリームを塗った後に使う豚毛のブラシ。真ん中が黒のクリームを塗った後に使う豚毛のブラシ。向かって右が汚れ落としの馬毛ブラシ。まずこれだけ揃えていただければ大丈夫です。
豚毛の代わりに化繊のブラシ(プロブラシシリーズなど)をご用意していただいても問題ありません。


次にブラシの使い分けについて。
f0374162_11505666.jpg

f0374162_11510373.jpg

こちらはホコリ落としに使う馬毛のブラシです。正面から見ると目が詰まっていて、毛は柔らかいです。
ホコリ落としはクリームなどを塗ってから行うものではないので、黒と茶色の靴で使い分ける必要はありません。



f0374162_11511118.jpg


f0374162_11512113.jpg
こちらはクリームを塗った直後に使う豚毛のブラシです。正面から見ると目の詰まりは粗く、毛は硬めです。(手で触るとシャリっとした質感です。)
クリームを塗った直後に使うブラシですので、靴の色によって使い分ける必要があります。上の画像、黒いブラシは黒の靴用。


f0374162_11512914.jpg
こちらの白いブラシは茶色の靴用です。

クリームを塗った直後に豚毛ブラシをかけることで、クリームが靴全体にムラなく馴染み光沢も出てきます。布よりも圧倒的に作業効率が良いので、このような使い方をされたことがない方は是非お試しください。


以上がご質問いただいた際、私がお答えしている内容です。

ブラシは一度揃えてしまえば長く使えるものです。靴と同様に愛着を持って使い続けたいと思えるブラシをお探しください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





# by tamagawa0917 | 2017-11-24 18:09 | ブラシ

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

勤労感謝の日と土日に挟まれて忘れがちですが、本日はプレミアムフライデーです。
玉川工房では恒例の「ワンコインシューケア体験サービス」を日時限定で開催いたします。

f0374162_12203852.jpg

11月24日(金) 15時~18時

11月25日(土) 15時~18時

11月26日(日) 15時~18時

※お一人様一足限定です。

通常税込1,080円のシューケアを特別価格の税込500円で承っております。
ワンコインとはいえ、通常と同じ作業内容でしっかり綺麗にいたします。画像のような明るい茶色の靴もケアすることで色鮮やかに見せることができますので、お近くにお立ち寄りの際は是非ご利用ください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





# by tamagawa0917 | 2017-11-24 12:03

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
今日は勤労感謝の日。祝日は昼間のラジオプログラムが変わることがあって、それが楽しみでもあります。


午後には雨が止むようですが、9時頃の東京は雨脚が強かったです。
祝日とはいえ通勤で革靴を履いて外を歩いていた方もいらっしゃると思いますので、いつものことながらこの部分には注意してください。
f0374162_10512784.jpg

f0374162_10512014.jpg
親指の付け根から小指の付け根周辺は、靴が乾燥したタイミングで白い汚れが浮いてきやすい部分です。汗などの塩分が浮いてきた状態で、我々は塩浮きと呼んでいます。

塩浮きが出てからでも対処はできるのですが、未然に防ぐ方法もございます。
お勧めはまだ革靴が濡れているうちに、ステインリムーバーや水を多めに含ませた布で拭いてしまう方法。多めの水分で塩分を溶かして拭き取るイメージです。これだけでも乾燥時に塩浮きが出てしまう可能性は低くなります。

ひと手間ではありますが、玄関に放置して後悔しないよう是非お試しください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







# by tamagawa0917 | 2017-11-23 11:56 | 雨対策

社内の足元スナップ

皆さんこんにちは、本日は浅草にある本社に立ち寄ってから玉川に出勤しました竹ブラシです。


本社に着いて早々、レオさん(元日本橋工房スタッフ)に遭遇。何故か突然のタックル。
その後下町マジェスティック(元日本橋工房スタッフ)にも遭遇。よくわからない微笑みとボディタッチ。

二人とも慣れない本社の環境にやられたのか、はたまた元々そういう素質があるのか。。。
とりあえずリアクションに困ったのでそっとしておきました。笑


そんな話はさて置き。


今日はせっかく本社に立ち寄ってきたので、他工房や本社スタッフの足元をご紹介。



まずはつい最近まで日本橋工房に在籍し、現在銀座工房のタピ岡くん。


f0374162_16143680.jpg

パラブーツのウィリアム、型押しのブラウン。
竹ブラシも全く同じものを所有しております。
ウィリアムに限らずR&Dスタッフのパラブーツ所有率はかなり高めでして、恐らく社員の6割以上は持っているのでは?
この歩きやすさ、使いやすさは工房スタッフは勿論、営業部や商品部スタッフにも人気です。
しかし毎度彼の足元を見るたびに必ず太いパンツを履いてます。。。
細いパンツを履くことはあるのだろうか...?笑


お次は営業部スタッフのかまぼこBOYさん。

f0374162_16212925.jpg

カルミナのタッセルローファー。
デスクワーク中、邪魔にならないようそっと足元にカメラを向けたら足を差し出して下さいました。笑
先ほどのタピ岡くんとは異なり裾は少し短め。靴下はブルーの迷彩柄でした。
靴下は無地派の私にとっては新鮮なコーディネート。
ローファーも欲しくなる。。。



本日は以上2名のご紹介でした。

靴や服が好きなスタッフが多い会社ですので、
また「これは!?」という面白い足元を見つけましたらブログでご紹介したいと思います。


以上、竹ブラシでした~


店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ


# by tamagawa0917 | 2017-11-22 16:33 | 靴紹介