カテゴリ:雑記( 82 )

黒も色々

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
冒頭で続けているラジオの一言。いつの間にか日本橋工房二代目モンブランとのクロストークが始まりまして、本社スタッフのばくばくジュニアやレオからは「交換日記や文通のようだ」と言われていました。


何事も続けていると良いこと(?)があるものです。本題のシューケアや革靴のこともしっかり書き続けていきますので、今後も玉川工房ブログをよろしくお願いいたします。


さて、今日の本題は「黒」について。
f0374162_12502957.jpg

f0374162_12503632.jpg

f0374162_12511176.jpg

一見同じような黒の革。実は光を当ててよく見ると、キメの細かさや表面のツルッとした具合などが異なります。
手で触る。クリームを塗る。ブラシをかける。こんなことをしてみると、その違いはより明確になるはずです。茶色に比べると黒の革はよく見ない(触れない)と違いが分かりにくく、そこがまた面白いと思ってしまいます。


そんな黒の革をお手入れする際に使う黒のクリーム。
f0374162_12511964.jpg
実はこんなにあります。光沢の出方、伸び具合、香りなど。それぞれのクリームに特徴があります。
そしてそれぞれのクリームをどんな革に使うかで仕上がりは変わります。「仕上がり=クリームの種類×革の質感」と考えると組み合わせはとんでもない数になりそうです。

黒のクリームは1個あれば十分です。とはいえこの組み合わせ、色々試してみたいと思う方もいらっしゃるかと。
ご興味のある方、私やノッポさんや竹ブラシにお声かけください。みなさまからの黒についてのご相談やご質問、お待ちしております。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







by tamagawa0917 | 2017-12-14 14:44 | 雑記

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
原点回帰。ラジオの良いところは思いがけない音楽との出会いがあること。片平里菜、あいみょん、戸渡陽太などなど。ラジオで初めて触れたミュージシャンは数知れません。


さて、こちらも原点回帰。R&Dのシューケアにおいて欠かすことができないクリーム塗布の専用ブラシ、ペネトレイトブラシ。
f0374162_15291762.jpg
このようにクリームを取って革に塗ります。

お使いいただく際のポイントは2つ。
1.クリームを取りすぎない。
2.クリームは押し込むように塗る。


1.は上の画像の量が1回あたりの適量。クリームを取って塗ってを3回ほど場所を変えて行います。それが片足あたりの適量です。
とはいえ色の抜け具合など、革のコンディションで塗る量は変わってきます。何にしてもクリームをドバっと取りすぎないようご注意ください。


2.は擦れ跡がつきやすいつま先やカカトの内側で特に意識していただきたいポイントです。
f0374162_15292508.jpg

f0374162_15293382.jpg



表面を撫でるようにではなく、このようにペネトレイトブラシでしっかりクリームを押し込みます。
f0374162_15294129.jpg
クリームを取る量、ペネトレイトブラシでの塗り方ひとつでケアの仕上がりは変わります。
「光沢が出にくい」「擦れ跡がいまいち綺麗にならない」そんなときはこの2つのポイントを意識してケアしてみてください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-12-08 15:54 | 雑記

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
お勧めのラジオ番組情報。日本橋の二代目モンブランに届いていたようです。
冒頭のやり取りはさておきシュークリームジャーに注目するところ、良いですね。クリームナチュラーレやビーズリッチクリームの陰に隠れがちですが、シュークリームジャーはスタンダードな良いクリームです。価格もお手頃ですし。

固さ、色づき、光沢感。
シュークリームジャーの使用感を基準にして他のクリームを使い比べると、それぞれの特長もつかみやすいと思います。


ちなみに私がシュークリームジャーを好む理由のひとつが茶系の色味です。
f0374162_11435279.jpg
コニャックやライトブラウンなど、黄色味がある茶色。



f0374162_11440081.jpg
レッドマホガニーやレッドブラウンなど、赤味がある茶色。
このあたりの茶色の発色はとても好きで、自分の靴をケアするときにもよく使っています。

茶系の靴クリームは色を完璧に合わせようとするときりがないですが、コニャック、レッドマホガニー、ミディアムブラウン、ダークブラウンの4色を揃えておけば結構な種類の茶靴に対応できるはずです。
茶靴好きの方は今一度M.MOWBRAYのシュークリームジャーにご注目ください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-12-05 16:26 | 雑記

乾燥にご注意を

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
ブログ冒頭でのラジオ話がいつの間にか二代目モンブランとのクロストークになっていました。そして昨日は「福のラジオ」のネタが被るという偶然。
ちなみに関西出身の彼にお勧めしたい番組はTOKYO FMのSkyrocket Companyです。本部長と秘書のトークと選曲の良さ。まだ聴いたことがない皆様も是非一度聴いてみてください。


さて、空気の乾燥とともに革の乾燥には気をつけていただきたいと何度かブログでお話しました。
f0374162_11332066.jpg

f0374162_11373003.jpg
そんなことを語っていながら私の今日の足元はこちら。乾燥した革のお手本のような状態でした。


乾燥した革にはデリケートクリームです。
f0374162_11380539.jpg

f0374162_11374991.jpg



しっかりと刷り込んで豚毛のブラシをかければこの通り。
f0374162_11381247.jpg

f0374162_11382152.jpg
だいぶコンディションは改善されました。10年履いている靴であること、革の特性を考えると表面の細かなシワはやむを得ない状態です。
塗りすぎは禁物ですが、放置して乾燥させるのも革にとっては良くありません。この時期は2~3週間に1回くらいのペースでデリケートクリームを塗り、ブラッシングしてあげてください。


店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







by tamagawa0917 | 2017-12-04 12:29 | 雑記

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

関西のラジオ事情が気になると話していたところ、関西出身の二代目モンブランがABCラジオを勧めてくれていました。番組表を見てみると平日夜の帯番組「よなよな…」が気になります。特に木曜日。



さて、発売以来色々と試し続け、使い方のコツをだいぶつかんできたこちらのアイテム。
f0374162_16460549.jpg
エゾ鹿グローブクロス ¥2,500+税


最近一つ便利な使い方を発見しました。
f0374162_16344800.jpg

f0374162_16345837.jpg
ハイシャインをする際、シワが入る部分に向かってワックスをぼかすように乗せたいとき。


f0374162_16350879.jpg

f0374162_16352156.jpg
ワックスを乗せた後、まずボアの面で拭きます。


f0374162_16352919.jpg

f0374162_16354091.jpg
その後、エゾ鹿スエードの面で拭きます。

1. ワックスを乗せる
2. ボア面で拭く
3. エゾ鹿スエードの面で拭く
この1.~3.を繰り返すと、際の部分に丁度良い塩梅でワックスが乗ってくれました。

しっかり光らせたい部分のハイシャインと並行してこの作業を進めると「つま先は強めの光沢→シワが入りそうな部分は弱めの光沢」と綺麗なグラデーションに仕上がります。プレーントウの靴をハイシャインする際には特に役立ちそうですので、是非お試しを。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ






by tamagawa0917 | 2017-12-01 17:00 | 雑記

ヒールパッドの使い方

みなさまこんにちは。
昨日は久しぶりにFM NACK5のmonakaを聴きました。ちなみにNACK5には「らじっと君」というキャラクターが存在します。つり上がった目が特徴の青いウサギ(?)です。



さて、レザータンパッドと同じく気が付くと在庫が減っているアイテム。
f0374162_12140773.jpg

f0374162_12141629.jpg

f0374162_12142409.jpg
ヒールパッド ¥900+税



パッケージに書かれている通りカカト用クッションの部分インソールではありますが、こんな状況でも役に立ってくれます。
f0374162_12143457.jpg

f0374162_12144462.jpg
履き口やトップラインと呼ばれる部分が足に擦れてしまうとき。ヒールパッドを入れて足の位置を少し上げると、足の擦れを解消できることがあります。履き始めの靴でまだ革が硬いときなどに上手く使っていただくと効果的です。


ヒールパッドには固定するための丸い粘着テープがついています。
f0374162_12153125.jpg
ただこちらを使わなくても、ヒールパッドは歩行中には意外と動きません。
どうしても靴の中で動いてしまうときはこちらのテープで固定してあげてください。動かないようでしたらテープで固定せず、色々な靴に使い回すなんて方法も有りです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-11-30 14:30 | 雑記

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
関西のラジオ事情、MBSやABCに気を取られていましたがFMがどうなっているのかもまた気になります。


さて、久しぶりに仕事場に履いてきたこちらの靴。
f0374162_14395104.jpg
素材はアメリカのタンナー、ホーウィン社のクロムエクセルです。
それほど汚れているわけではありませんが、もう少し光沢を出してみようと思い立ちました。しかも出来るだけ手軽に。


f0374162_14401175.jpg

f0374162_14401958.jpg

f0374162_14402740.jpg
M.MOWBRAY・コンビトリートメントを吹き付けて少し置いた後、エゾ鹿グローブクロスで拭きます。


かなり短時間で仕上がります。
f0374162_14395954.jpg
良い光沢感ではないでしょうか。

クロムエクセルなどのオイルを含んだ一部の革ですと、短時間で光沢を出せる非常に効率が良い方法です。この手の革で作られた靴をお持ちの方は是非お試しを。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







by tamagawa0917 | 2017-11-28 15:11 | 雑記

レザータンパッドの向き

みなさまこんにちは。本日2回目のチノパンマンです。
MBSラジオ平日夜の帯番組「アッパレやってまーす!」は、大人数のパーソナリティできちんと成立しているところが凄いなと思っています。個人的には一代前の月曜日が好きでした。


先ほどのブログでご紹介したシュータンパッド。
f0374162_12072597.jpg
セッティングする際には注意していただきたい点がひとつあります。それはタンパッドを貼る向き。



タンパッドには実は上下がありまして、こちらの少し凹んでいる方が上です。
f0374162_12081606.jpg



ですので正しい貼り方はこの向き。(実際は靴の内側に貼ります)
f0374162_12080911.jpg



パッケージのイラストもこの向きになっています。
f0374162_12080188.jpg
正しい向きに貼って、タンパッドの効果をしっかり発揮させてあげてください。よろしくお願いいたします。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







by tamagawa0917 | 2017-11-27 14:47 | 雑記

レザータンパッド

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
昨日冒頭でお話した関西のラジオ事情、関西出身者や大阪支店のスタッフに一度リサーチしてみたいと思います。


さて、11月に入ってから店頭在庫が減るペースが速くなっているこちらのアイテム。
f0374162_12071650.jpg

f0374162_12072597.jpg
レザータンパッド ¥1,000+税


使い方は非常にシンプルです。
f0374162_12073724.jpg
白いシートを剥すと粘着面が出てきます。


f0374162_12074564.jpg
それをこのように靴のタン(ベロ)の裏に貼り付けます。

このレザータンパッド、ローファーやスリッポンの踵が抜けやすくて困っている方に大変好評です。下手に厚いインソール(中敷き)を入れるよりも効果が高く「こんな良いものがあったんだ!」とのお声をいただいております。



f0374162_12075343.jpg
ローファーやスリッポン以外でも、このように羽根(靴紐を通しているパーツ)が閉じ切ってこれ以上ホールド感を高めることができないという状況にも有効です。

レザータンパッドは非常に優れたアイテムなのですが、認知度はまだまだ。これからも地道な布教活動を続けていきたいと思います。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-11-27 14:27 | 雑記

革の保湿

みなさまこんにちは。チノパンマンです。
昨日、久しぶりにTBSラジオの「たまむすび」を聴きました。平日の昼間と大吉先生の組み合わせはやはり良いです。


さて、気温が下がり空気の乾燥が気になる時期になりました。
10月の長雨で革に発生するカビに注意が必要だったところが、今度は革の乾燥を気にしなければなりません。秋から冬にかけては忙しいものです。
f0374162_11483176.jpg

f0374162_11484075.jpg
特に乾燥に気をつけたいのは屈曲するこの部分。革が割れてからでは遅いので、空気が乾燥するこの時期からはいつもよりマメに保湿してあげてください。


f0374162_11484969.jpg

f0374162_11485607.jpg
2~3週間に1回くらいの頻度でデリケートクリームを塗り、ブラッシングしてあげます。デリケートクリームを塗る前には汚れ落とし(ステインリムーバー)もお忘れなく。


ちなみに通常サイズだとすぐに使い切ってしまうという方は、こちらのMサイズをどうぞ。
f0374162_11490349.jpg

f0374162_11491159.jpg
向かって左のデリケートクリームが60ml入り¥1,000+税。向かって右のMサイズは200ml入りで¥2,500+税です。容量3.3倍に対して、価格は2.5倍とお得です。
愛用の革靴にひび割れが起こってしまわないよう、革の保湿はしっかりと行ってあげてください。



★イベント情報★

《シューケアボックスパターンオーダー会》開催中です。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

↓↓↓↓↓




店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ






by tamagawa0917 | 2017-11-16 12:09 | 雑記