カテゴリ:雑記( 65 )

レザースティック色々

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

冒頭のラジオ話で常連の番組Skyrocket Company。スペシャルウィークでは「スカロケもしも会議」を開催中でして、本日のテーマは「もしもこれを叶えてくれるなら本部長に1票入れます」でございます。
ラジオのお題とはいえ「これを叶えてくれる」となるとアレコレ悩んでしまいます。



ちょうど一週間前の池袋工房、エスプリ軍曹のブログ。


こちらに触発されて、玉川工房に並ぶレザースティック達をチェックしてみました。
f0374162_14094400.jpg



玉川工房では常時2本の在庫がございまして、
f0374162_14110895.jpg
黒と白が1本ずつありました。素材が水牛の角ですので、色と柄はそれぞれ異なります。

また太さや長さも個性があります。黒の方は太目で短く、白は細目で長いです。
人によって馴染むサイズ感が若干異なると思いますので、実際に手で持ってチェックしてみてください。



最後に、「レザースティックってどうやって使うの?」と疑問がある方はこちらの記事を。
これまたエスプリ軍曹の記事です。レザースティックを3か所に分け、それぞれに最適な使い方を紹介しております。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ






by tamagawa0917 | 2017-10-19 14:53 | 雑記

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

以前radikoのタイムフリー機能がもう少し改善されれば…なんてことを言っておりましたが、10月2日からタイムフリー機能がアップデートされています。
番組再生から24時間以内であればその番組を合計3時間まで聴取できるように変更されたので、2時間番組を通勤時と帰宅時に分けて聴くことも可能になりました。これはありがたいアップデートです。



さて、連日登場のエゾ鹿グローブクロス。
f0374162_11024703.jpg
色々と試してみるたびに新たな発見がある、非常に興味深いアイテムです。



そんなこんなで使い続けていると、エゾ鹿革の面にこんな変化が。
f0374162_14154896.jpg
起毛皮革ですので、拭き続ける(表面に摩擦が加わる)ことで毛が固まりテカリが出ています。


このままでもまだまだ使えるコンディションではありましたが、スエード靴と同じようにエゾ鹿革の面をブラッシングしてみました。
f0374162_14155926.jpg

f0374162_14160758.jpg


ラテックス&スプラッシュブラシでブラッシングした結果がこちら。
f0374162_14161619.jpg
毛がほぐれてテカリは改善。
ただし強くブラッシングすると、バサバサと毛羽立ってしまいそうなのでその点はご注意ください。

頻繁にブラッシングする必要はありませんが、エゾ鹿グローブクロスを使い続けるなかで気になったときには是非。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ






by tamagawa0917 | 2017-10-17 14:48 | 雑記

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

首都圏のラジオ、今週はスペシャルウィークです。
「通常放送が聞きたかったな…」なんて思ってしまうこともたまにありますが、今週もラジオを楽しみたいと思います。



今回はエゾ鹿グローブクロス活用法、その3です。

「ハイシャインを施した面に使っても相性が良さそうだ」というのが前回のお話。

前回はハイシャインを施した面をただ拭いただけでしたので、今回はワックスを塗った状態からエゾ鹿グローブクロスで拭き上げるとどうなるのかを検証しました。

こちらは作業前。
f0374162_16371431.jpg

f0374162_16370700.jpg



トラディショナルワックスを上塗りし、1分ほど置きます。
f0374162_16372666.jpg

f0374162_16460844.jpg



まずはボア面を使用。
霧吹きで水を一吹き(遠くから、ボア面がほんのわずかに湿るくらい)してから、力を入れずにくるくる円を描くように拭きます。
f0374162_16373455.jpg



次はエゾ鹿革の面を使用。
ボア面と同じく、エゾ鹿革の面にも霧吹きで水を一吹きしてから拭きます。このときも力は入れずに軽く滑らせるように。
f0374162_16374223.jpg



仕上がりはこちらです。
f0374162_16375169.jpg

f0374162_16375986.jpg
短時間での修整としては上出来ではないでしょうか。
この方法ですとワックスを重ねている分、乾拭きに比べて少し深めの擦れ跡も綺麗になりました。

最近はつま先に軽くハイシャインした靴を履いていることもあるので、この使い方は重宝しそうです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ












by tamagawa0917 | 2017-10-16 16:56 | 雑記

カビ予防

みなさまこんにちは。2回目のチノパンマンです。

先ほど冒頭でお話したbayfmについて調べてみたところ、現在も使っているサテライトスタジオが3つもあることに驚きました。



以前、秋になると意外にも靴中の除菌消臭のお問合せが増えてくることをお話しました。

そしてもう一つ増えるお問合せがカビについて。
カビは一回発生してしまうと非常にやっかいですので、予防が肝心。明日以降の予報ですと雨が続きそうですし、カビ予防を意識していただければ幸いです。
f0374162_14234156.jpg
雨の後には、底回りや靴中にモールドクリーナーをスプレー。これだけでも十分なカビ予防になります。



f0374162_14234803.jpg
ちなみにモールドクリーナーはパッケージが変わりました。

日本の気候風土や生活環境を考えると、革靴に発生してしまうカビには年中気を付けていなければなりません。
愛用の革靴と長くお付き合いいただくためにも、是非モールドクリーナーをご活用ください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-10-12 18:00 | 雑記

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

TOKYO FMのSkyrocket Companyは、ラジオの中の会社がコンセプトです。番組は「会議」の位置づけなので、その日その日で会議の案件があります。
本日の案件は「大人のミステリー!案件〜○○にお金をかける人の意味がわかりません〜」ということで、靴を色々と買い集めてしまう我々には少し耳が痛い内容かと…



さて、連日その使い方を色々と検証しているエゾ鹿グローブクロス。
f0374162_11024703.jpg



ハイシャインを施した部分に使うとどうなるかを試してみました。
f0374162_14230660.jpg
こちらはbeforeでして、軽く擦ってしまった跡があります。



ボア面で拭いた後、エゾ鹿革の面でしっかり磨きます。
f0374162_14231422.jpg
擦れ跡は目立たなくなり、だいぶ光沢も出ました。
ボア面だけでもある程度綺麗にはなりましたが、エゾ鹿革の面で拭くと光沢の出方がグッと変わります。



実は今回はこちらも使ってみました。
f0374162_14233473.jpg
中身はただの水です。



f0374162_14232565.jpg
エゾ鹿革の面に水をひと吹きスプレーしてから拭いてみました。
ハイシャインの際に水を使いながら磨く要領で使ってみたのですが、これがなかなか良かったです。

今回のように軽めにハイシャインを施した靴であれば、良い効果が望めます。是非お試しを。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-10-10 14:37 | 雑記

みなさまこんばんは。チノパンマンです。
本日は更新が遅くなってしまいましたので、冒頭のラジオ話は無しということで…



先日入荷のお知らせをしたエゾ鹿グローブクロス。
ご好評いただいておりまして、一枚また一枚と旅立っております。(来週中頃には追加分が入ってくる予定です)



私も色々試していまして、お勧めの使い方をひとつ。
f0374162_19414608.jpg
一日履いた靴の汚れをボア面でサッと拭き取ります。



f0374162_19415587.jpg
その後、エゾ鹿革の面でしっかり拭き上げます。



f0374162_19413553.jpg
右足がbeforeで左がafterです。
だいぶ綺麗になったことがお分かりいただけるかと思います。

通常のグローブクロスでここまで光沢を出す(戻す)ことは難しかったのですが、エゾ鹿革の面を使うと非常に綺麗になります。
今まで短時間で光沢を戻す方法としてお勧めしていた使い込んだブラシに代わるアイテムにもなってくれそう。

グローブは携帯性も優れているので、色々と活躍の場を考えたくなりますね。
良い活用方法を見つけた方は、是非店頭でお教えください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-10-08 19:55 | 雑記

レッドブラウン

みなさまこんにちは。本日2回目のチノパンマンです。

「昔のオールナイトニッポンは25時~を1部、27時~を2部と呼んでいたよな」なんてことを、ふと思い出しました。



さて、2本目のブログは恒例となってきたクリームのお話。
f0374162_11034503.jpg

f0374162_11033864.jpg
赤っぽさが非常に強い茶色「レッドブラウン」です。



f0374162_11035210.jpg
昨日ご紹介したレッドマホガニー(向かって左)と比べると、純粋な赤に近いことがお分かりになるかと思います。

普段の登板回数はレッドマホガニーに比べて少ないものの、活躍してくれる機会は確実にあります。
店頭に並んだ靴を眺めてみると、イタリア靴やジャランスリワヤでこんな色の靴もありましたので。

茶色の靴に赤味を足したいときに使う方法もありますので、ご興味のある方は是非。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-10-06 13:56 | 雑記

レッドマホガニー

みなさまこんにちは。
文化放送のコールサイン、JOQRはなぜか鮮明に覚えています。チノパンマンです。


2本目のブログは、クリームのお話。
f0374162_13480903.jpg
昨日のロンドンタンに続き、赤味がある茶色の代表格「レッドマホガニー」です。



f0374162_13481690.jpg
向かって左のロンドンタンと比べると、色・赤味ともに強いのがレッドマホガニーです。



f0374162_13483400.jpg
私が愛用しているこちらの靴。レッドマホガニーはこのあたりの色の革にお勧め。

レッドマホガニーは工房でケアをする際、使い機会が多い色のひとつです。
茶系の靴を愛用されている方であれば、一つ用意しておいても損はなさそうです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-10-05 17:14 | 雑記

ロンドンタン

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

ラジオに欠かせないジングル。一部の放送局では「ステッカー」「アタック」と呼ばれることがあるようです。



さて、先日のブログで最近売れている2色としてコニャックとネイビーのクリームをご紹介しました。


明るめの茶色の需要が高まっているのかなと思っていたところ、気が付いたらこちらの色もいつもより早いペースで減っていました。
f0374162_15422220.jpg
ロンドンタンという名前で、明るめで赤味がかった茶色です。



f0374162_15423152.jpg
コニャックと比較するとこの通り。(向かって左がコニャック、右がロンドンタン)
黄色味のコニャック、赤味のロンドンタンといったところです。

こちらのロンドンタンもコニャック同様、長年続くM.MOWBRAYの定番カラー。
赤味がある茶色の革に、是非お試しください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-10-04 16:35 | 雑記

靴の消臭対策

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

TOKYO FM「クロノス」「Skyrocket Company」のパーソナリティがその日のテーマで交わす、番組間のクロストークが好きです。片方の番組パーソナリティのコメントが録音なので、クロストークと呼んでよいのか分かりませんが…



気が付けば10月。気温も落ち着き、秋らしくなってきました。
実はこのくらいの時期になってからの方が、靴の除菌や消臭に関するお問い合わせが増えてきます。



先日は消臭スプレーをご紹介しましたので、今回は違ったアプローチを。

f0374162_17170330.jpg

f0374162_17171000.jpg
一日履いた靴をしっかり休ませずに履いてしまうのは靴への負荷の観点でも、ニオイ対策の観点でもよくありません。

そこでインソールを活用します。
吸汗性に優れたシープレザーを使ったプレジデントインソールをセットしておき、靴を脱いだ後にはインソールを外して陰干しします。
次にその靴を履くときには、もう1セット用意したインソールをセット。

この流れを繰り返すことで汗による水分が靴中に溜まりにくくなり、靴中の環境を良い状態に保つことができます。
雨の日に履く機会が多い靴には、特にお勧めです。

気温が下がってもまだまだ湿度が高い時期、是非ご活用ください。





店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







by tamagawa0917 | 2017-10-02 17:41 | 雑記