みなさまこんにちは。チノパンマンです。
今日は勤労感謝の日。祝日は昼間のラジオプログラムが変わることがあって、それが楽しみでもあります。


午後には雨が止むようですが、9時頃の東京は雨脚が強かったです。
祝日とはいえ通勤で革靴を履いて外を歩いていた方もいらっしゃると思いますので、いつものことながらこの部分には注意してください。
f0374162_10512784.jpg

f0374162_10512014.jpg
親指の付け根から小指の付け根周辺は、靴が乾燥したタイミングで白い汚れが浮いてきやすい部分です。汗などの塩分が浮いてきた状態で、我々は塩浮きと呼んでいます。

塩浮きが出てからでも対処はできるのですが、未然に防ぐ方法もございます。
お勧めはまだ革靴が濡れているうちに、ステインリムーバーや水を多めに含ませた布で拭いてしまう方法。多めの水分で塩分を溶かして拭き取るイメージです。これだけでも乾燥時に塩浮きが出てしまう可能性は低くなります。

ひと手間ではありますが、玄関に放置して後悔しないよう是非お試しください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







by tamagawa0917 | 2017-11-23 11:56 | 雨対策

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

私の地元新潟にはFM PORTというFM局があります。新潟で暮らしていたときはほとんど聴いたことがなかったので、今度帰省したときにチェックしてみようと思います。



さて10月上旬の入荷以来、色々と使い方を検証してきたエゾ鹿グローブクロス。
f0374162_14103143.jpg


先日大阪の八郎にエゾ鹿革の特性を踏まえた使い方を教えてもらいました。

今日はタイミングよく(?)雨に降られましたので、こちらのブログで書かれていた通りの簡単ケアを行ってみました。



f0374162_13362298.jpg
エゾ鹿の革が水分を吸収する性質を利用して、最初にこちらの面で水分を吸わせます。


f0374162_13363176.jpg
その後はマイクロフリースの面で拭きます。
これだけでも十分綺麗になりましたが、仕上げにエゾ鹿革の面をもう一度使ってしっかり磨きました。



f0374162_13364301.jpg
1分もかからずにできたことを考えると、効果は十分でした。

エゾ鹿グローブクロスをカバンの中に入れておけば、雨の日の強力な味方になってくれそうです。



★イベント情報★

《シューケアボックスパターンオーダー会》開催中です。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

↓↓↓↓↓




店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







by tamagawa0917 | 2017-11-08 14:33 | 雨対策

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

昨日、木曜日に放送されたSkyrocket Companyをradikoのタイムフリーで聴きました。
木曜日は雨に真冬のような寒さと厳しい一日。
冒頭でのやしろ本部長の一言「よほど急ぎのことがない限り、こんな日はゆっくり気を付けて歩いてほしい。転んでケガでもしたらどうしようもないので。」が妙に響きました。(うろ覚えですが)
一曲目の選曲が[Alexandros]のSNOW SOUNDだったのも良かったですね。



さて、今日は台風の接近で足元が非常に悪いです。気を付けて歩いていただきたいのはもちろん、こんな雨の中を歩いた革靴にも気を付けてあげてください。

このブログで何度かお伝えしている通り、革靴が濡れることはそれほど問題ではありません。大切なのはその後の対処法。
f0374162_10184153.jpg
「かなりビショビショになっちゃったし、このタイミング洗おう!」

これも良い選択です。
多少時間と手間がかかる作業ではありますが、水を十分にしみ込ませてからサドルソープで洗うことで汗による塩分汚れなどもすっきりリセットできます。

ご自身での作業はちょっと大変と感じられるようでしたら、¥2,500+税~のクリーニングメニューをご利用ください。
1週間のお預かりで、表面に浮いた白い汚れ(塩浮き)やザラつき(銀浮き)をできる限り綺麗にいたします。


日本橋サービスファイルとなっておりますが、玉川工房での作業内容も同様です。
「クリーニングって何をするの?」と疑問をお持ちの方は、是非ご一読ください。



★イベント情報★

《シューケアボックスパターンオーダー会》
詳細はこちらの記事を要チェック!!

↓↓↓↓↓




店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ







by tamagawa0917 | 2017-10-22 15:17 | 雨対策

みなさまこんにちは。2回目のチノパンマンです。

11月3日(金)と4日(土)はTBSラジオの「ラジフェス」が開催されます。
ハライチのターン、バナナムーンGOLDのリスナーとしては是非足を運びたいイベントです。公開収録の応募は終了していますが…



さて、明日の予報は久しぶりの晴れ。しかし明後日からは再び傘マークが続いております。

連日の雨で、靴のローテーションに悩まれている方も多いかと思います。
革靴のローテーションを組む理由は、一日履いた靴に休ませる時間を取るため。特に雨に濡れた靴は休ませる時間を十分に取る必要があります。
f0374162_14162997.jpg

f0374162_14163658.jpg
こちらは木材のチップを使用した除湿乾燥剤のヒノキドライ。ヒノキドライを靴中にセットすることで、革靴が吸ってしまった余計な水分を効率良く抜くことができます。


ちなみにヒノキドライをセットするタイミングは濡れてしまった度合いによって変えてあげます。

ちょっと雨に降られた程度であれば、靴を脱いで少し経って(1時間くらい)から。
雨でかなり濡れてしまった場合は、一晩以上置いて革が吸ってしまった水分がある程度抜けてから。ビショビショの革靴にヒノキドライを入れても、その効果は十分に発揮されませんので。

ビショビショに濡れた革靴は、まずできるだけ空気が循環する場所に逃がして乾燥させる必要があります。玄関で放置するのは危険ですので、その点も合わせてご注意ください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-10-17 18:05 | 雨対策

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

現在は閉鎖されてしまいましたが、新宿ミロードにサテライトスタジオがあったことをふと思い出しました。
調べてみると、このスタジオはFM-FUJIのスタジオだったようです。



さて、東京の週間予報には今のところ太陽のマークが一切ありません。
「10月のこの時期、こんなに雨が続いたかな?」と思わずにはいられませんが、この雨とも上手く付き合っていきたいところ。


革靴の雨対策として真っ先に思い浮かぶのは防水スプレーでの予防。
それと合わせて行っていただきたいのが、雨に降られた後の適切なお手入れ。
f0374162_10530400.jpg
ステインリムーバーや水拭きを活用すると、濡れた後に起こりがちなトラブルを防ぐことができます。



多めの雨で濡れてしまった革靴、しばらく放置していたら白い汚れが浮いてきたことはありませんか?
これは塩浮きと呼ばれる現象で、革が吸収した汗などに含まれる塩分が表面に浮き出てしまった状態です。


塩浮きは起こってしまってから対処しても決して遅くはないのですが、未然に防ぐ方法もあります。

親指の付け根から、
f0374162_10531348.jpg



小指の付け根部分にかけて。
f0374162_10532610.jpg
この周辺は塩浮きが起こりやすい部分なので、ステインリムーバーで念入りに拭いておきます。
(他の部分も通常のお手入れと同様に、ステインリムーバーで拭いてください)

この作業は靴を脱いだ直後に行います。
また少量のステインリムーバーで擦るのではなく、ステインリムーバーを多めに含ませた布で優しく拭きます。
水拭き(水を多めに含ませたタオルなどで)でも代用は可能ですが、普段からステインリムーバーを使われている方であればこの方法が楽かと思います。


その後はとにかく革靴をしっかり乾燥させてください。
普段よりも時間を長めに、風通しの良い場所で休ませます。扇風機やサーキュレーターを活用するのもお勧めです。

完全に乾燥しましたら、乳化性のクリームを塗ってブラッシング。


秋の長雨。
革靴と上手に付き合っていただくため、覚えておいて損はないと思います。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-10-15 11:33 | 雨対策

みなさまこんにちは。日曜日のチノパンマンです。

本日はあいにくの雨。梅雨らしい天候ではありますが、足元には困らされますね。


そんな梅雨時、防水スプレーを使って上手く乗り切りたいものです。
f0374162_15233224.jpg
こちらはM.モゥブレイの防水スプレー、プロテクターα。



防水スプレーというと、使用前にどうしても振りたくなりますがそこは我慢です。
f0374162_15234114.jpg
プロテクターαは使っているガスの兼ね合いで振らずに使用できます。振ってしまうと中身を上手く使い切れなくなってしまうのでご注意ください。


そして靴に噴射するときは、
f0374162_15235414.jpg
スプレーを傾けず(横倒しせず)に、


f0374162_15240466.jpg
このように真っすぐな状態でお使いください。

後は防水スプレーと靴との距離にもご注意を。
近すぎるとダマになりやすいので、およそ50㎝を目安に距離を取ってあげてください。

簡単ではございますが、防水スプレーの使い方のおさらいでした。

防水スプレーと上手に付き合って、この梅雨を乗り切りましょう。



【予告】
7/14(金)~7/17(月)は玉川工房レディスDAY
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを10%オフにて承ります。
f0374162_17014582.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-06-25 11:57 | 雨対策

こんにちは、南葛です☆

ここ最近の南葛のブログでは、梅雨時に特化したアイテムをお勧めしておりますが、

この梅雨というシーズン、特に我々を悩ませるのが・・・


そう、湿気

夏に近づきつつあるシーズン、雨が加わるとムシムシジメジメ

当然靴の中でも同じ症状となり、結果臭いが定着しカビの原因なんてことも・・・。

そんな梅雨のシーズンでも、靴の中をリフレッシュさせるべく押さえておきたいのが、

f0374162_14174222.jpg
ヒノキのチップが入ったヒノキドライ

そして、シダー(=杉)のチップが入ったシダードライをオススメいたします☆


靴の中にはもちろんのこと、下駄箱の四隅なんかに置いといても効果をしっかりと発揮してくれます♪

また定期的に風通しの良い場所で陰干しをしてあげることにより、

吸っていた湿気が抜け、繰り返し使うことが可能です!

皆様のお好みの香りはどちらでしょうか♪?

以上南葛でした~

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

6月3日(土)、4(日)は靴べらカラーリング体験!
詳しくは、コチラまで



by tamagawa0917 | 2017-05-30 15:00 | 雨対策