みなさまこんにちは。チノパンマンです。
最近、玉川工房ではブラシについてご質問を受ける機会が増えています。

「ブラシは何本あれば良いですか?」「馬毛と豚毛のブラシはどう使い分ければ良いですか?」といった質問が多いです。ブラシはシューケアにおいて非常に重要なアイテムですので、ブラシへの関心が高まっていることが嬉しいです。
f0374162_11504828.jpg
まず必要なブラシの本数は3本が基本です。
向かって左が茶色のクリームを塗った後に使う豚毛のブラシ。真ん中が黒のクリームを塗った後に使う豚毛のブラシ。向かって右が汚れ落としの馬毛ブラシ。まずこれだけ揃えていただければ大丈夫です。
豚毛の代わりに化繊のブラシ(プロブラシシリーズなど)をご用意していただいても問題ありません。


次にブラシの使い分けについて。
f0374162_11505666.jpg

f0374162_11510373.jpg

こちらはホコリ落としに使う馬毛のブラシです。正面から見ると目が詰まっていて、毛は柔らかいです。
ホコリ落としはクリームなどを塗ってから行うものではないので、黒と茶色の靴で使い分ける必要はありません。



f0374162_11511118.jpg


f0374162_11512113.jpg
こちらはクリームを塗った直後に使う豚毛のブラシです。正面から見ると目の詰まりは粗く、毛は硬めです。(手で触るとシャリっとした質感です。)
クリームを塗った直後に使うブラシですので、靴の色によって使い分ける必要があります。上の画像、黒いブラシは黒の靴用。


f0374162_11512914.jpg
こちらの白いブラシは茶色の靴用です。

クリームを塗った直後に豚毛ブラシをかけることで、クリームが靴全体にムラなく馴染み光沢も出てきます。布よりも圧倒的に作業効率が良いので、このような使い方をされたことがない方は是非お試しください。


以上がご質問いただいた際、私がお答えしている内容です。

ブラシは一度揃えてしまえば長く使えるものです。靴と同様に愛着を持って使い続けたいと思えるブラシをお探しください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-11-24 18:09 | ブラシ

ブラシを揃える

みなさまこんにちは。
いつか大宮アルシェでHITS! THE TOWNの公開生放送を見学したいです。チノパンマンです。


シューケア、靴磨きにおいて「ブラシはとても大切」といつもお伝えしております。

日々の汚れ落としにはもちろん、クリームを塗った後に光沢を出す際にもブラシは活躍してくれます。ブラシなくして靴のお手入れは語れないと言っても過言ではないくらい、重要なアイテムなのです。


そんなブラシ、「重要性は分かったけど、一体何本必要なの?」と疑問を持たれることもあるかと思います。
f0374162_13475941.jpg
基本はこの3本があればOKです。

ホコリ落とし用の馬毛を1本。クリームを塗った後に使う豚毛(もしくは化繊)を黒用と茶色用に各1本。
茶色用のブラシは色の濃淡や赤味の加減などで分けることもありますが、まずはこの3本を揃えていただければほとんど問題ありません。

これから靴のお手入れ用品を揃えようという方、ご参考にしていただければ幸いです。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-10-05 14:09 | ブラシ

みなさまこんにちは。金曜日のチノパンマンです。

先日玉川工房にも入荷した新商品。
f0374162_15321582.jpg
ペネトレイトブラシ馬毛(¥500+税)



f0374162_15323682.jpg
革小物や革鞄へのクリーム塗布はもちろん、毛の柔らかさを活かして色々な使い方ができそうです。



たとえばハイシャインのベース作り、ワックスの塗布に使ってみる。



たとえばステインリム―バーでの汚れ落としに使ってみる。

他にも色々な使い方ができそうです。
私なりの良い使い方を見つけたときは、こちらのブログでご紹介できればと思います。




【予告】
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを20%オフにて承ります。
f0374162_11214352.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-08-04 17:25 | ブラシ

サノハタブラシ真鍮

みなさまこんにちは。本日2回目のチノパンマンです。

スエード、ヌバックなど起毛皮革のお手入れは、ブラッシングとスプレーによる保革が基本。
f0374162_17022526.jpg

f0374162_17023518.jpg
サノハタブラシ真鍮は他の起毛皮革用ブラシに比べて¥5,800+税と価格は高いものの、相応の良さがあるブラシです。



f0374162_17024593.jpg
中央は毛をほぐし、汚れを掻き出す力に優れた真ちゅう。グルッと一周囲ったナイロン毛は、真ちゅうの開きを抑えてくれます。



f0374162_17025319.jpg
最大のポイントは、この真ちゅう部分の柔らかさ。
サノハタブラシ真鍮の柔らかさであれば、履き始めのブラックやネイビーのスエードにも安心して使えます。

スエードやヌバックの靴を沢山お持ちでしたら、ブラック・ネイビー用とブラウン用の2本を揃えていただければ完璧です。
とはいえ安いブラシではありませんので、まずは1本。使い心地を実感していただければ幸いです。



【予告】
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを20%オフにて承ります。
f0374162_11214352.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ








by tamagawa0917 | 2017-08-03 17:26 | ブラシ

隠れた人気アイテム

みなさまこんにちは。海の日のチノパンマンです。

本日は玉川工房の隠れた人気アイテムのご紹介。
f0374162_12301484.jpg
ミニホースブラシ(¥500+税)
全長11㎝のミニサイズ。小さいもののオフィスの引き出しやカバンの中に忍ばせておけば、活躍してくれること間違いなしです。


ちなみにミニホースブラシは、プロホースブラシやサノハタブラシと同じ持ち方でブラッシングをすると手から抜け落ちてしまうことがありまして…
f0374162_12302346.jpg


そこで、このような持ち方をおすすめします。
f0374162_12303148.jpg
ミニブラシはこちらの持ち方の方が、手から抜け落ちることがなく作業しやすいです。

プロブラシ、サノハタブラシをお持ちの方も、サブのブラシとして1本いかがでしょうか?



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-07-17 19:13 | ブラシ

こんにちは、南葛です★

本日は、持っておく“べき”ブラシのお話!

まずは靴をご覧ください、、、。

f0374162_11411862.jpg
こちらはアメリカの名靴、オールデンの代表モデルでもあるタッセルローファー★

こちらの靴、よーく見てみると、、、

f0374162_11422575.jpg

そう、このようにホコリや汚れが。

どんなにお手入れをしていても、履いてるとホコリや汚れが付くのは当たり前。

だからこそ、日頃から習慣づけておきたいお手入れがあるんです!

それが、、、、

f0374162_11413465.jpg
馬毛ブラシで、ホコリ落としのブラッシング★

今回ご紹介するこちらの馬毛は、日本製の紗乃織ブラシ!

毛量が多く、毛としての質も高いのはさることながら、注目したいのが

f0374162_11414364.jpg
f0374162_11415213.jpg
持ち手の湾曲具合と、溝の堀!

持ちやすく、指にしっかりフィットしてくれます★
f0374162_11421765.jpg
加えて使用されいる木材はブナで、丈夫ながら軽い。

なのでブラシの振り疲れを軽減してくれるといった、いいとこ取りのブラシ♪


そんな一級品のブラシをかけてあげるだけで、、

f0374162_11420827.jpg
f0374162_11420006.jpg
左足がビフォー、右足がアフター。と、言うまでもありませんね♪


一番の基本となるホコリ落とし、だからこそ持っておく“べき”なんです!

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

6月3日(土)、4(日)は靴べらカラーリング体験!
詳しくは、コチラまで

by tamagawa0917 | 2017-05-28 10:00 | ブラシ

ブラシなのか、布なのか

こんにちは、南葛です★

クリームを靴に塗る際、“ブラシなのか”。はたまた“布なのか”。

ここは大きく分かれるところですね。


従来多く用いられていたのは、布ですね。

しかし、布はクリームの水分が布に引っ張るため、

継ぎ足しては塗る作業を必要以上に行ってしまいます。

継ぎ足しが増えれば、表面には入りきらなかった余分なクリームが残ります。

イメージとしては、

『お腹がいっぱいなのに、無理やりご飯を押し付けられてる』

と言ったところでしょうか?笑


加えて、クリームの量が多くなれば表面上にはベタつきが出ます。

そんな状態で外を歩いて外気に触れたら、埃まみれなんてことも、、、。

f0374162_08322773.jpg
ではブラシではどうなのか?

ブラシは、布ほどクリームを吸着するということがありません。

そのため、片足に塗るクリームの量はなんと“米粒2、3粒”。

なので余分のクリームの継ぎ足しも必要なく、全体に塗り広げることができます。

さらに塗ってるクリームの量が少なければ、当然ベタつきを起こすこともありませんね★


ブラシの機能面ですごいのは、これだけじゃないんです。

f0374162_08323679.jpg
こういったコバの溝部分。

布を使うとなれば、こうした部分を塗るのに新たに継ぎ足すなんて方も多いのでは?

ですが、ブラシでは継ぎ足しの必要なく、

きちんと奥までクリームを行き届かせることが可能です。


是非ブラシの機能を堪能してみてください♪

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ


by tamagawa0917 | 2017-05-10 10:00 | ブラシ

こんにちは、南葛です★

玉川工房にご来店いただくお客様より、

「クリームを塗った後に乾拭きしてるんですけど、合ってますか?」

というご質問を多くいただいております。


乾拭きはお手入れ上もちろん大切な作業なのですが、

この乾拭きという作業、実は“ある作業の後”にやっていただきたい作業なんです★

では、そのある作業というのは?それが、、、


ブラッシング★

ここで使うブラシは、仕上げ用の“硬い”毛のブラシ。

種類は大きく分けて、、、

f0374162_19125919.jpg

ナイロン製のブラシ(プロ ブラック/ホワイト ブラシ ¥1000+税)

と、

f0374162_19125148.jpg

豚毛のブラシ(サノハタブラシ 豚黒/豚白 ¥4500+税)

クリームを塗った後にブラシをかけることにより、

革とブラシの間に、“熱”が発生します。

この熱と一緒に、塗り広げたクリームを革の深部へと伝えていくのであります。

このブラッシングによって入り込まなかった

“余分”なクリームを拭き取るために、乾拭きがあるんです★

ブラシをかけずに乾拭きをするというのは、

せっかく塗り広げたクリームを拭き上げてるだけになってしまうため、

表面上は艶が出ていても、革の深部には栄養や潤いが伝わっていないのであります!


だからこその、ブラッシングを是非♪

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

こちらのQRコードをよみこんできただくと
f0374162_17243621.jpg
玉川高島屋のInstagramをご覧いただけます♪

アカウント名『takashimaya_tamagawa』でも検索でき、

靴はもちろん、カバンや財布の情報も随時アップ中です♪

by tamagawa0917 | 2017-05-07 10:00 | ブラシ

こんにちは、南葛です★

本日は“なぜ、豚毛ブラシを勧めるのか?”のお話をしたいと思います♪

まず、豚毛ブラシはどの場面で使うのか?
というところからスタートしますが、

豚毛ブラシはクリームを塗った後の、“仕上げ”として使用します!

クリームを塗るという作業は、
あくまでも靴全体に栄養や油分、水分を行き届かせる作業。

これでは塗った“だけ”で、多少は革に入り込んでるものの、
ほとんどのクリームは表面上に乗っている状態です。

そこで使うのが…

f0374162_12154542.jpg
SANOHATAブラシ豚毛(¥4500+税)

豚毛ブラシの登場となるわけであります★

ブラシをしっかりかけることによって、ブラシと革との間に“熱”が帯びます。

この熱と一緒に、表面に塗ったクリームが革の深部へと伝わります。
これにより、はじめて栄養、油分、水分が革に与えられるわけです♪

加えて、ブラシをかける=研磨してるということで、艶も出てくるのであります★


そして豚毛ブラシの良いところは、それだけではないんです!

豚毛というだけあって使われているのは、もちろん豚の毛。豚毛を含めた動物性のブラシは、ブラシをかけたらかけた分だけクリームの油分をどんどん吸ってくれます。
f0374162_12155532.jpg
ブラシをかけ続けて吸ったブラシは、こんな感じ。

そのため、表面上に残る余分なクリームも吸ってくれるため、仕上がりがとても綺麗★

またこのクリームを吸ったブラシは、今後使用していく中でブラシからも栄養や油分、水分を与えることができるため、クリームの量を抑えることができるのであります!

そしてブラシとしての強度も天下一品、
ちょっとやそっとじゃへこたれません!

まさに、“一生もの”としてオススメする理由がここにあります。

この機会に、是非豚毛ブラシを手にして見てください♪

以上南葛でした〜

emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

こちらのQRコードをよみこんできただくと
f0374162_17243621.jpg
玉川高島屋のInstagramをご覧いただけます♪

アカウント名『takashimaya_tamagawa』でも検索でき、

靴はもちろん、カバンや財布の情報も随時アップ中です♪


お笑いコンビ、ナイツさんが司会を務める『ナイツのHIT商品会議室』で、

R&Dが紹介されました★

動画もご覧いただけますので、詳しくはコチラまで!!!


by tamagawa0917 | 2017-04-13 12:17 | ブラシ

こんにちは、南葛です☆

平野ブラシを探されている方、いらっしゃるのではないでしょうか?

玉川工房ではわずかながらですが、

平野ブラシ残っております!

しかし・・・

f0374162_16513434.jpg

現在残っております平野ブラシの種類は、黒の豚毛のみ

本数は・・・4本


玉川で扱っております平野ブラシは、本当にこれだけ!

これがなくなれば、玉川での平野ブラシは完売でございます!


「平野ブラシ探してます!!」

こうしたご要望を他工房でも多く頂いておりますので、

豚毛の黒をお求めの方は是非玉川工房まで★

以上南葛でした~


emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif店舗紹介emoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gifemoticon-0110-tongueout.gif
玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売り場
工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ

by tamagawa0917 | 2017-02-16 16:59 | ブラシ