基本のブラシ3本

みなさまこんにちは。本日2回目のチノパンマンです。

ブラシの話、もう少し続けさせていただきます。
f0374162_10452856.jpg
こちらは汚れ落としに使っているブラシ。馬毛のサノハタブラシです。
汚れ落としのブラシは、色による使い分けは特にしておりません。黒でも茶色でも、こちらのブラシで汚れを落とします。

豚毛のブラシと違い、色による使い分けをしないのは使うタイミングが異なるから。
馬毛のブラシによる汚れ落としはクリーナーやクリームを塗る前に行うため、色移りなどを特に心配しなくても大丈夫なのです。



前回のブログとまとめると、革靴のお手入れで必要な基本のブラシはこの3本。
f0374162_10453698.jpg
向かって左が、汚れ落としの馬毛ブラシ。
真ん中が、黒のクリームを塗った後に使う豚毛のブラシ。
向かって右が、茶色のクリームを塗った後に使う豚毛のブラシ。

まず、これだけ揃えれば安心です。私も自宅にはこの3本が置いてあります。
もちろん豚毛の代わりに化繊のブラシ(プロブラシシリーズなど)でも問題ありません。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-07-28 13:50 | 雑記