ブラッシングのポイント

みなさまこんにちは。月曜日のチノパンマンです。

今回は、クリームを塗った後のブラッシングについてのお話。



工房でお客様とお話をしていると「クリームを塗った後はブラシだよね。知っているよ!」という方、「今まで布でやっていた。知らなかった!」という方の割合は半々くらいのようです。
かくいう私もかつて(15年ほど前でしょうか)はクリームを塗ってから布でせっせと磨いておりました…

クリーム塗布後にブラッシングをする目的は、クリームを革全体に馴染ませて光沢を出すこと。
この際、使用するのは豚か化繊の毛で作られたブラシ。
f0374162_12060273.jpg



毛を手で触ると、シャリっとした質感です。
f0374162_12060273.jpg



ここからがポイント。
f0374162_12061253.jpg
・ブラシは革に少し押し付けます。(毛が寝てしまうほど強く押し付けないでください)
・ブラシを大きく動かします。
この2つがブラッシングのポイントです。

毛先だけで撫でるようなブラッシング、小さい動きのブラッシングですと、クリームの馴染み方がイマイチになってしまいます。
ブラッシング後の質感がちょっとな…と悩まれていた方は、是非このポイントを押さえたブラッシングをしてみてくだい!



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-07-24 12:27 | 雑記