クリームを塗る際のポイント

みなさまこんにちは。日曜日のチノパンマンです。

どこの工房にいても、ケアとクリーニングのご相談が圧倒的に多いのは黒のスムースレザーです。
f0374162_13043825.jpg
日々のお仕事で履かれる機会が多い色・素材ですので、このように色が抜けてしまったり、傷や擦れ跡がつきやすいかと思います。



有料のケア、クリーニングにお出しいただくのも一つの手ですが、このくらいの色抜けや擦れであればご自身でも簡単に綺麗にできます。
その際ポイントになるのがクリームの塗り方。
f0374162_13044848.jpg
塗る量は少な目を意識してください。画像のつま先部分だけであれば、このくらいの量で十分です。
そしてクリームを塗るのは、クリーム塗布専用のペネトレイトブラシを使います。



ここからが大切なポイントです。
f0374162_13050026.jpg
色が抜けた部分にしっかり色を入れたい場合は、このようにペネトレイトを強めに押し付けて円を描きながらクリームを塗り込みます。
ペネトレイトブラシを使って革にクリームを押し込むようなイメージです。これで革にしっかり色が入ります。



その後は化繊や豚毛のブラシでブラッシングしてクリームを馴染ませます。
f0374162_13051864.jpg
色が着いて、擦れ跡も目立たなくなりました。


クリームをしっかり吸収するタイプの革であれば有効な方法です。黒の靴が「イマイチ綺麗にならないな…」と感じている方は是非一度お試しください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ





by tamagawa0917 | 2017-07-23 14:46 | 雑記