羽根が閉じてしまうときは

みなさまこんにちは。日曜日のチノパンマンです。

引き続き玉川高島屋ではセール開催中です。まだ紳士靴売場をご覧になられていない方は是非。
お得な靴も残っておりますので。


さてセールの靴に限らずですが、この手の靴(外羽根の靴)でお困りの方は多いかと思います。
f0374162_10200037.jpg
羽根と呼ばれるパーツ(靴ひもを通しているパーツ)が完全にくっついてしまっています。
こうなってしまうと、靴ひもでこれ以上フィッティングを締めることができません。



履き慣らした靴でもこれくらいは羽根と羽根との間が空いていると、ひもの締め加減による調整ができて良いです。
f0374162_10195187.jpg




最初の画像のように羽根が閉じ切ってしまうときは、
f0374162_10201076.jpg



f0374162_10202054.jpg
レザータンパッドの出番。このように靴の内部に仕込んであげれば、閉じてしまった羽根が少し開いてくれます。

履き慣らした靴に限らず、羽根が閉じてお困りの方は是非ご活用ください。



【予告】
7/14(金)~7/17(月)は玉川工房レディスDAY
女性のお客様が靴をお持ちになられた場合、ケア・クリーニングを10%オフにて承ります。
f0374162_17014582.jpg



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




[PR]
by tamagawa0917 | 2017-07-09 14:23 | インソール