クリームはブラシで塗る

みなさまこんにちは。チノパンマンです。

昨日のブログでお伝えした乳化性クリーム。アニリンカーフクリーム。
f0374162_14070352.jpg



今回はこのクリームをどう塗るか?のお話です。

布、指、ブラシで…と、クリームの塗り方は様々。お勧めはクリームを革靴に塗るための専用ブラシを使う方法です。
f0374162_15221516.jpg

f0374162_15222424.jpg
ペネトレイトブラシはクリームを効率良く塗るために考えられた毛質、形状のブラシです。
布や指ですと厚塗りしがちなクリームを、適量で革に塗れる便利なアイテムですので是非ご活用ください。



片足あたりクリームの適量は米粒2,3粒ほど。
一回あたりこのくらいの量をペネトレイトブラシに取り、塗ってみてください。
f0374162_15223748.jpg

f0374162_15224639.jpg


チノパンマンお勧めの塗り方は、カカトの内側、
f0374162_15225922.jpg


カカトの外側、
f0374162_15231091.jpg


つま先。(から甲周りに伸ばすように)
f0374162_15232073.jpg
この順番で3回に分けて塗る方法です。

一回で米粒2,3粒のクリームを取って一気に広げる方法もありますが、このくらいで分けて塗ってあげた方が失敗もしにくいです。
ちなみにペネトレイトブラシでクリームを塗る際は、革にブラシを押さえつけてクリームを刷り込むように(円を描くように塗ると良いです)してあげると綺麗に仕上がります。

これでクリームを塗るところまで完了しました。しかしこの段階ではまだ靴に光沢は出ておりません。
明日はここから光沢を出すための方法とコツについてお話したいと思います。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ




by tamagawa0917 | 2017-06-21 16:19 | 雑記