革靴は休ませる

みなさまこんにちは。
ipadの便利さに今頃気づいたチノパンマンです。


先日のブログで革靴のお手入れが難しそうと感じている方は、「脱いだ後のブラッシング」からはじめてみてくださいとお伝えしました。
簡単にできて効果も高いお手入れ方法ですので、まだ何もしていないという方は是非実践してみてください。


さて、今回はそれと同じくらい大切にしていただきたいポイントのお話。すごくシンプルです。

「一日履いた革靴はしっかり休ませる」

これだけです。
休ませる日数は汗をかく量、湿度の高さ、雨に降られたかどうか…といった要素が影響してくるため一概には言えませんが、一日履いたら丸二日は休ませてください。

なぜ休ませる必要があるのかというと、それは靴の内部に溜まった水分を抜くため。水分が抜け切らない状態で靴を履いてしまうと、中底(足の裏が触れるパーツ、インソール)など靴の内部が傷みやすいのです。


靴を休ませる際には除湿剤のヒノキドライや、
f0374162_16022951.jpg


靴の型崩れを防ぐシュートリーを上手く活用してください。
f0374162_16024235.jpg
靴を脱いだらブラシをかけて、二日間は休ませる。
まずこの二つ。そう考えれば、靴のお手入れについても気が楽になるのではないでしょうか。

難しく考えず、シンプルにできることから少しずつはじめてみてください。



店舗紹介

玉川シューケア工房
東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川タカシマヤ本館4階 紳士靴売場

工房直通番号 03-6447-9177

R&D Shoecare Meisterの公式サイトはコチラ






by tamagawa0917 | 2017-06-19 16:33 | 雑記